Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第11章 インスタンス用の仮想 GPU の設定

インスタンスで GPU ベースのレンダリングをサポートするには、利用可能な物理 GPU デバイスおよびハイパーバイザーの種別に応じて、仮想 GPU (vGPU) リソースを定義し、管理できます。この設定を使用して、レンダリングの負荷をすべての物理 GPU デバイス間でより効果的に分割し、仮想 GPU 対応のインスタンスをスケジューリングする際の制御性を向上させることができます。

OpenStack Compute で仮想 GPU を有効にするには、クラウドユーザーが仮想 GPU デバイスの設定された Red Hat Enterprise Linux (RHEL) インスタンスを作成するのに使用できるフレーバーを作成します。これにより、各インスタンスは物理 GPU デバイスに対応する仮想 GPU デバイスで GPU 負荷に対応することができます。

OpenStack Compute サービスは、各ホストに定義する GPU プロファイルで利用可能な仮想 GPU デバイスの数を追跡します。Compute サービスはフレーバーに基づいてこれらのホストにインスタンスをスケジュールし、デバイスをアタッチし、使用状況を継続的に監視します。インスタンスが削除されると、Compute サービスは仮想 GPU デバイスを利用可能なプールに戻します。

11.1. サポートされる構成および制限

サポートされる GPU カード

サポートされる NVIDIA GPU カードの一覧については、NVIDIA の Web サイトで「Virtual GPU Software Supported Products」を参照してください。

仮想 GPU デバイスを使用する際の制限

  • 各コンピュートノードで有効にできる仮想 GPU の種別は 1 つだけです。
  • 各インスタンスが使用できる仮想 GPU のリソースは 1 つだけです。
  • ホスト間での仮想 GPU のライブマイグレーションはサポートされていません。
  • libvirt の制限により、仮想 GPU 対応インスタンスでの休止操作はサポートされていません。代わりに、インスタンスのスナップショット作成またはシェルブ処理が可能です。
  • 仮想 GPU フレーバーが設定されたインスタンスでサイズ変更およびコールドマイグレーション操作を行っても、仮想 GPU のリソースはインスタンスに自動的には再割り当てされません。インスタンスのサイズ変更または移行後に、インスタンスを手動で再ビルドし、仮想 GPU のリソースを再割り当てする必要があります。
  • デフォルトでは、コンピュートホストの仮想 GPU の種別は API ユーザーに公開されません。アクセス権限を付与するには、ホストをホストアグリゲートに追加します。詳細は、「ホストアグリゲートの管理」を参照してください。
  • NVIDIA アクセラレーターハードウェアを使用する場合は、NVIDIA ライセンス要件に従う必要があります。たとえば、NVIDIA vGPU GRID にはライセンスサーバーが必要です。NVIDIA のライセンス要件の詳細は、NVIDIA の Web サイトで「Virtual GPU License Server Release Notes」を参照してください。