Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第2章 Compute (nova) サービスの設定

環境ファイルを使用して Compute (nova) サービスをカスタマイズします。Puppet は、この設定を生成して /var/lib/config-data/puppet-generated/<nova_container>/etc/nova/nova.conf ファイルに保存します。Compute サービスの設定をカスタマイズするには、以下の設定方法を使用します。

  • Heat パラメーター: 詳細は、『オーバークラウドのパラメーター』「Compute (nova) パラメーター」セクションを参照してください。以下は例になります。

    parameter_defaults:
      NovaSchedulerDefaultFilters: AggregateInstanceExtraSpecsFilter,RetryFilter,ComputeFilter,ComputeCapabilitiesFilter,ImagePropertiesFilter
      NovaNfsEnabled: true
      NovaNfsShare: '192.0.2.254:/export/nova'
      NovaNfsOptions: 'context=system_u:object_r:nfs_t:s0'
      NovaNfsVersion: '4.2'
  • Puppet パラメーター: /etc/puppet/modules/nova/manifests/* で定義されます。

    parameter_defaults:
        ComputeExtraConfig:
            nova::compute::force_raw_images: True
    注記

    この方法は、等価な heat パラメーターが存在しない場合にのみ使用してください。

  • 手動での hieradata の上書き: heat パラメーターまたは Puppet パラメーターが存在しない場合の、パラメーターカスタマイズ用。たとえば、以下の設定により Compute ロールの [DEFAULT] セクションに disk_allocation_ratio が定義されます。

    parameter_defaults:
        ComputeExtraConfig:
            nova::config::nova_config:
                DEFAULT/disk_allocation_ratio:
                    value: '2.0'
警告

heat パラメーターが存在する場合は、Puppet パラメーターではなくそのパラメーターを使用する必要があります。Puppet パラメーターは存在するが heat パラメーターが存在しない場合は、手動で上書きする方法ではなく Puppet パラメーターを使用する必要があります。手動で上書きする方法は、等価な heat パラメーターまたは Puppet パラメーターがない場合にのみ使用してください。

ヒント

特定の設定をカスタマイズする際に heat パラメーターまたは Puppet パラメーターが利用可能かどうかを判断するには、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』の「変更するパラメーターの特定」のガイダンスに従ってください。

オーバークラウドサービス設定の詳細は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』「パラメーター」を参照してください。

2.1. オーバーコミットのためのメモリー設定

メモリーのオーバーコミットを使用する場合 (NovaRAMAllocationRatio >= 1.0)、割り当て率をサポートするのに十分なスワップ領域を確保してオーバークラウドをデプロイする必要があります。

注記

NovaRAMAllocationRatio パラメーターが 1 より小さい値 に設定されている場合は、RHEL でのスワップサイズの推奨事項に従ってください。詳しくは、RHEL の『ストレージデバイスの管理』「システムの推奨スワップ領域」を参照してください。

前提条件

手順

  1. /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/enable-swap.yaml ファイルを環境ファイルのディレクトリーにコピーします。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/enable-swap.yaml /home/stack/templates/enable-swap.yaml
  2. 以下のパラメーターを enable-swap.yaml ファイルに追加して、スワップサイズを設定します。

    parameter_defaults:
      swap_size_megabytes: <swap size in MB>
      swap_path: <full path to location of swap, default: /swap>
  3. この設定を適用するには、その他の環境ファイルと共に enable_swap.yaml 環境ファイルをスタックに追加し、オーバークラウドをデプロイします。

    (undercloud) $ openstack overcloud deploy --templates \
      -e [your environment files] \
      -e /home/stack/templates/enable-swap.yaml \