Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

2.3. スワップサイズの計算

割り当てるスワップサイズは、メモリーのオーバーコミットを処理するのに十分な容量でなければなりません。以下の式を使用して、ノードに必要なスワップサイズを計算することができます。

  • overcommit_ratio = NovaRAMAllocationRatio - 1
  • 最小スワップサイズ (MB) = (total_RAM * overcommit_ratio) + RHEL_min_swap
  • 推奨 (最大) スワップサイズ (MB) = total_RAM * (overcommit_ratio + percentage_of_RAM_to_use_for_swap)

percentage_of_RAM_to_use_for_swap 変数は、QEMU のオーバーヘッドおよびオペレーティングシステムまたはホストのサービスが消費するその他のリソースに対応するバッファーです。

たとえば、RAM 容量の合計が 64 GB で NovaRAMAllocationRatio1 に設定されている場合、利用可能な RAM の 25% をスワップに使用するには、

  • 推奨 (最大) スワップサイズ = 64000 MB * (0 + 0.25) = 16000 MB

NovaReservedHostMemory の値を計算する方法は、「コンピュートノード上で確保するホストメモリーの計算」を参照してください。

RHEL_min_swap の値を決定する方法は、RHEL の『ストレージデバイスの管理』「システムの推奨スワップ領域」を参照してください。