Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

9.3. インスタンスへの静的メタデータの追加

デプロイメント内のすべてのインスタンスで、静的メタデータを利用可能にすることができます。

手順

  1. メタデータの JSON ファイルを作成します。
  2. Compute 環境ファイルを開きます。
  3. 環境ファイルに JSON ファイルへのパスを追加します。

    parameter_defaults:
      ComputeExtraConfig:
        nova::config::nova_config:
          ...
          api/vendordata_jsonfile_path:
            value: <path_to_the_JSON_file>
  4. 更新内容を Compute 環境ファイルに保存します。
  5. その他の環境ファイルと共に Compute 環境ファイルをスタックに追加して、オーバークラウドをデプロイします。

    (undercloud)$ openstack overcloud deploy --templates \
     -e [your environment files] \
     -e /home/stack/templates/<compute_environment_file>.yaml \