Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.4. フェンシングパラメーター

オーバークラウドにフェンシングをデプロイする際には、フェンシングを設定するのに必要なパラメーターを定義して fencing.yaml ファイルを生成します。フェンシングのデプロイおよびテストについての詳細は、「オーバークラウドでのフェンシングのデプロイとテスト」を参照してください。

fencing.yaml 環境ファイルの構成例を以下に示します。

parameter_defaults:
  EnableFencing: true
  FencingConfig:
    devices:
    - agent: fence_ipmilan
      host_mac: 11:11:11:11:11:11
      params:
        ipaddr: 10.0.0.101
        lanplus: true
        login: admin
        passwd: InsertComplexPasswordHere
        pcmk_host_list: host04
        privlvl: administrator

このファイルには以下のパラメーターが含まれます。

EnableFencing
Pacemaker の管理するノードのフェンシング機能を有効にします。
FencingConfig

フェンシングデバイスおよび各デバイスのパラメーターを一覧表示します。

  • agent: フェンシングエージェント名。Red Hat OpenStack Platform でサポートされるのは、IPMI 用の fence_ipmilan だけです。
  • host_mac: サーバー上のプロビジョニングインターフェイスまたはその他のネットワークインターフェイスの小文字の MAC アドレス。これをフェンシングデバイスの一意の識別子として使用できます。
  • params: フェンスデバイスパラメーターの一覧。
フェンシングデバイスのパラメーター
  • auth: IPMI 認証種別 (md5password、または none)
  • ipaddr: IPMI IP アドレス
  • ipport: IPMI ポート
  • login: IPMI デバイス用のユーザー名
  • passwd: IPMI デバイス用のパスワード
  • lanplus: lanplus を使用して、接続のセキュリティーを向上させます。
  • privlvl: IPMI デバイスの権限レベル
  • pcmk_host_list: Pacemaker ホストの一覧