Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.2. ネットワークの仕様

以下の表は、デプロイメント例で使用されているネットワーク構成を示しています。

注記

この例には、コントロールプレーンと、オーバークラウドの keystone 管理エンドポイントが設定されたプロビジョニングネットワーク用のハードウェア冗長性は含まれません。

表2.2 物理ネットワークおよび仮想ネットワーク

物理 NIC目的VLAN説明

eth0

プロビジョニングネットワーク (アンダークラウド)

該当なし

すべてのノードを director (アンダークラウド) から管理します。

eth1 および eth2

コントローラー/外部 (オーバークラウド)

該当なし

ボンディングされた NIC および VLAN の組み合わせ

 

外部ネットワーク

VLAN 100

外部環境からテナントネットワーク、内部API、および OpenStack Horizon Dashboard へのアクセスを許可します。

 

内部 API

VLAN 201

コンピュートノードとコントローラーノード間の内部 API へのアクセスを提供します。

 

ストレージアクセス

VLAN 202

コンピュートノードをストレージメディアに接続します。

 

ストレージ管理

VLAN 203

ストレージメディアを管理します。

 

テナントネットワーク

VLAN 204

RHOSP にテナントネットワークサービスを提供します。

ネットワーク構成に加えて、以下のコンポーネントをデプロイする必要があります。

プロビジョニングネットワーク用のスイッチ
  • このスイッチは、アンダークラウドをオーバークラウド内のすべての物理コンピューターに接続できる必要があります。
  • このスイッチに接続されている各オーバークラウドノードの NIC は、アンダークラウドから PXE ブートできなければなりません。
  • portfast パラメータを有効にする必要があります。
コントローラー/外部ネットワーク用のスイッチ
  • このスイッチは、デプロイメント内の他の VLAN の VLAN タグ付けを行うように設定する必要があります。
  • VLAN 100 トラフィックのみを外部ネットワークに許可します。
ネットワークハードウェアと keystone エンドポイント
  • コントローラーノードのネットワークカードまたはネットワークスイッチの異常がオーバークラウドサービスの可用性を阻害するのを防ぐには、keystone 管理エンドポイントがボンディングされたネットワークカードまたはネットワークハードウェアの冗長性を使用するネットワークに配置されるようにしてください。

    keystone エンドポイントを internal_api などの別のネットワークに移動する場合は、アンダークラウドが VLAN またはサブネットに到達できるようにします。詳細は、Red Hat ナレッジベースのソリューション「How to migrate Keystone Admin Endpoint to internal_api network ?」を参照してください。