Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.3. データベースノードの整合性の確認

Galera クラスターの問題を特定のノードに切り分けることができれば、特定の wsrep データベース変数がそのノードの特定の問題を示している可能性があります。

手順

次のコマンドを実行し、VARIABLE を確認する wsrep データベース変数に置き換えます。

$ sudo docker exec galera-bundle-docker-0 sudo mysql -B --password="[MYSQL-HIERA-PASSWORD]" -e "SHOW GLOBAL STATUS LIKE 'VARIABLE';"

以下の表には、ノードの整合性を確認するのに使用できる wsrep データベース変数をまとめています。

表7.2 ノードの整合性を確認するためのデータベース変数

変数概要説明

wsrep_ready

ノードがクエリーを受け入れる能力

ノードがクラスターから Write Set を受け入れることができるかどうかを示します。その場合には、wsrep_readyON になります。

wsrep_connected

ノードのネットワーク接続性

ノードがネットワーク上の他のノードに接続できるかどうかを示します。その場合には、wsrep_connectedON になります。

wsrep_local_state_comment

ノードの状態

ノードの状態の概要を示します。ノードがクラスターに書き込み可能であれば、wsrep_local_state_comment の一般的な値は JoiningWaiting on SSTJoinedSynced、または Donor です。

ノードが稼働していないコンポーネントの一部の場合には、wsrep_local_state_comment の値は Initialized になります。

注記
  • ノードがクラスター内のノードのサブセットにしか接続されている場合でも、wsrep_connected の値は ON になります。たとえば、クラスターのパーティションの場合には、そのノードは、クラスターに書き込みができないコンポーネントの一部となっている可能性があります。クラスターの整合性の確認に関する詳細は、「データベースクラスターの整合性の確認」を参照してください。
  • wsrep_connected 値が OFF の場合、ノードはどのクラスターコンポーネントにも接続されていません。