Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第1章 高可用性サービス

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) は、高可用性 (HA) を実装するのに必要なサービスを提供するための、さまざまなテクノロジーを採用しています。

サービスの種別

コアコンテナー

コアコンテナーサービスには、GaleraRabbitMQRedis、および HAProxy が含まれます。これらのサービスはすべてのコントローラノード上で実行され、開始、停止、再起動の各処理に固有の管理と制約が必要です。Pacemaker を使用して、コアコンテナーサービスの起動、管理、およびトラブルシューティングを行います。

注記

RHOSP では、MariaDB Galera Cluster を使用してデータベースのレプリケーションを管理します。

アクティブ/パッシブ
アクティブ/パッシブ のサービスは、1 回に 1 つの Controller ノードでのみ実行され、openstack-cinder-volume などのサービスが含まれます。アクティブ/パッシブのサービスを移動するには、Pacemaker を使用して正しい停止/起動シーケンスが実施されるようにする必要があります。
systemd とプレーンコンテナー
systemd およびプレーンコンテナーのサービスは独立したサービスで、サービスの中断に対する耐性があります。したがって、Galera 等の高可用性サービスを再起動した場合、nova-api 等の他のサービスを手動で再起動する必要はありません。systemd または Docker を使用して、systemd およびプレーンコンテナーのサービスを直接管理することができます。

director を使用して HA デプロイメントをオーケストレーションする場合、director はテンプレートおよび Puppet モジュールを使用して、すべてのサービスが正しく設定および起動されるようにします。また、HA の問題のトラブルシューティングを行う場合、docker コマンドまたは systemctl コマンドを使用して、HA フレームワークのサービスと対話する必要があります。

サービスのモード

HA サービスは、以下のいずれかのモードで動作することができます。

  • アクティブ/アクティブ: Pacemaker は同じサービスを複数のコントローラーノードで実行し、HAProxy を使用してトラフィックをノード間に分散するか、または 1 つの IP アドレスにより特定のコントローラーに転送します。HAProxy はラウンドロビンのスケジューリングを使用して、アクティブ/アクティブのサービスにトラフィックを分散する場合もあります。コントローラーノードを追加して、パフォーマンスを向上させることができます。
  • アクティブ/パッシブ: アクティブ/アクティブモードで実行することのできないサービスは、アクティブ/パッシブモードで実行する必要があります。このモードでは、1 度にアクティブにできるサービスのインスタンスは 1 つだけです。たとえば、HAProxy は stick-table オプションを使用して、受信した Galera データベースの接続要求を 1 つのバックエンドサービスに転送します。このモードは、複数の Galera ノードから同じデータに同時に多数の接続が行われるのを防ぐのに役立ちます。