第1章 はじめに

本書では、Red Hat OpenStack Platform 環境を最新のロングライフバージョンにアップグレードするために役立つワークフローについて説明します。

1.1. 作業を開始する前に

以下の点に注意してください。

  • バージョン 7 または 8 の Red Hat OpenStack Platform 環境を最初にデプロイした場合には、XFS ファイルシステムの古いバージョンが原因でアップグレードパスとコンテナー化されたサービスのデプロイに問題が生じる場合があることに注意してください。問題およびその解決方法についての詳細は、アーティクル「XFS ftype=0 prevents upgrading to a version of OpenStack Director with containers」参照してください。
  • デプロイメントに Red Hat Ceph Storage (RHCS) ノードが含まれる場合、各 Ceph オブジェクトストレージデーモン (OSD) の配置グループ (PG) の数は、デフォルトでは 250 を超えることができません。OSD ごとの PG 数が上限を超える Ceph ノードをアップグレードすると、警告状態になりアップグレードプロセスが失敗する可能性があります。アップグレードプロセスを開始する前に、OSD ごとの PG 数を増やすことができます。この問題の診断およびトラブルシューティングに関する詳細は、アーティクル「OpenStack FFU from 10 to 13 times out when Ceph allocated in one or more OSDs more than 250 PGs」を参照してください。
  • prevent_arp_spoofing が False に設定されているポートをすべて特定します。これらのポートについて、ポートセキュリティーが無効になっていることを確認します。アップグレードの一環として、prevent_arp_spoofing オプションは削除され、その機能はポートセキュリティーによって制御されます。

1.2. Fast Forward Upgrade

Red Hat OpenStack Platform には Fast Forward Upgrade 機能が実装されました。この機能は、複数のバージョンを経由するオーバークラウドのアップグレードパスを提供します。この機能は、ロングライフバージョン とされている特定の OpenStack のバージョンの使用を継続し、次のロングライフバージョンが提供された際にアップグレードする機会を提供することを目的としています。

本ガイドは、以下のバージョンの Fast Forward Upgrade パスを提供します。

旧バージョン新バージョン

Red Hat OpenStack Platform 10

Red Hat OpenStack Platform 13

1.3. ワークフローの概要

以下の表には、Fast Forward Upgrade プロセスに必要なステップの概要と共に、アップグレードプロセスの各ステップに要する推定時間およびその影響をまとめています。

注記

以下の表に示す時間は内部テストに基づく最短の推定値であり、すべての実稼働環境には当てはまらない可能性があります。各タスクのアップグレード時間を正確に測定するには、実稼働環境と類似したハードウェアを持つテスト環境でこれらの手順を実施してください。

表1.1 Fast Forward Upgrade プロセスのステップ概要と影響

ステップ説明所要時間

環境の準備

アンダークラウドノードおよびオーバークラウドのコントローラーノードのデータベースおよび設定のバックアップを実行します。最新のマイナーリリースに更新し、リブートします。環境を検証します。

このステップに要する時間は、デプロイメントのサイズにより異なる可能性があります。

アンダークラウドのアップグレード

OpenStack Platform 10 から OpenStack Platform 13 まで、アンダークラウドのバージョンを 1 つずつ順番にアップグレードします。

アンダークラウドアップグレードの推定時間は、約 60 分です。なお、アップグレード中、アンダークラウドにダウンタイムが発生します。

アンダークラウドのアップグレードステップ中、オーバークラウドは引き続き機能します。

コンテナーイメージの取得

さまざまな OpenStack サービス用のコンテナーイメージの場所が記載された環境ファイルを作成します。

コンテナーイメージソース設定の推定期間は、約 10 分です。

オーバークラウドの準備

オーバークラウドの設定ファイルを OpenStack Platform 13 に移行するための適切なステップを実行します。

アップグレードに向けたオーバークラウド準備の推定時間は、約 20 分です。

Fast Forward Upgrade の実行

OpenStack Platform director の最新のテンプレートセットを使用して、オーバークラウドプランをアップグレードします。パッケージとデータベースのバージョンを 1 つずつ順番にアップグレードして、データベーススキーマを OpenStack Platform 13 にアップグレードできる状態にします。

オーバークラウドのアップグレード実行の推定時間は、約 30 分です。なお、アップグレード中、オーバークラウドサービスにダウンタイムが発生します。

機能停止時間中 OpenStack の操作を行うことはできません。

コントローラーノードのアップグレード

全コントローラーノードを同時に OpenStack Platform 13 にアップグレードします。

コントローラーノードアップグレードの推定期間は、約 50 分です。

コントローラーノードのアップグレード中、オーバークラウドサービスに短時間のダウンタイムが発生します。

コンピュートノードのアップグレード

選択したコンピュートノードでアップグレードをテストします。テストが成功したら、全コンピュートノードをアップグレードします。

コンピュートノードアップグレードの推定期間は、ノード 1 台につき約 25 分です。

コンピュートノードのアップグレード中、ワークロードのダウンタイムは予想されません。

Ceph Storage ノードのアップグレード

全 Ceph Storage ノードをアップグレードします。これには、Red Hat Ceph Storage 3 のコンテナー化されたバージョンへのアップグレードも含まれます。

Ceph Storage ノードアップグレードの推定期間は、ノード 1 台につき約 25 分です。

Ceph Storage ノードのアップグレード中、ダウンタイムは予想されません。

アップグレードの最終処理

コンバージェンスのコマンドを実行して、オーバークラウドスタックをリフレッシュします。

オーバークラウドのコンバージ実行の推定時間は、最短でも 1 時間です。ただし、環境によってさらに時間がかかる場合があります。

1.4. アップグレードを開始する前に

アップグレードを実施する前に、ハードウェアに対するファームウェアの更新をすべて適用します。