Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

15.7.3. コンテナー化されたサービスのエラー

オーバークラウドのデプロイメント中またはデプロイメント後にコンテナー化されたサービスでエラーが発生した場合には、以下の推奨事項に従って、エラーの根本的な原因を特定してください。

注記

これらのコマンドを実行する前には、オーバークラウドノードにログイン済みであることを確認し、これらのコマンドをアンダークラウドで実行しないようにしてください。

コンテナーログの確認

各コンテナーは、主要プロセスからの標準出力を保持します。この出力はログとして機能し、コンテナー実行時に実際に何が発生したのかを特定するのに役立ちます。たとえば、keystone コンテナーのログを確認するには、以下のコマンドを使用します。

$ sudo docker logs keystone

大半の場合は、このログにコンテナーのエラーの原因が記載されています。

コンテナーの検査

状況によっては、コンテナーに関する情報を検証する必要がある場合があります。たとえば、以下のコマンドを使用して keystone コンテナーのデータを確認します。

$ sudo docker inspect keystone

これにより、ローレベルの設定データが含まれた JSON オブジェクトが提供されます。その出力を jq コマンドにパイプして、特定のデータを解析することが可能です。たとえば、keystone コンテナーのマウントを確認するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo docker inspect keystone | jq .[0].Mounts

--format オプションを使用して、データを単一行に解析することもできます。これは、コンテナーデータのセットに対してコマンドを実行する場合に役立ちます。たとえば、keystone コンテナーを実行するのに使用するオプションを再生成するには、以下のように inspect コマンドに --format オプションを指定して実行します。

$ sudo docker inspect --format='{{range .Config.Env}} -e "{{.}}" {{end}} {{range .Mounts}} -v {{.Source}}:{{.Destination}}{{if .Mode}}:{{.Mode}}{{end}}{{end}} -ti {{.Config.Image}}' keystone
注記

--format オプションは、Go 構文を使用してクエリーを作成します。

これらのオプションを docker run コマンドとともに使用して、トラブルシューティング目的のコンテナーを再度作成します。

$ OPTIONS=$( sudo docker inspect --format='{{range .Config.Env}} -e "{{.}}" {{end}} {{range .Mounts}} -v {{.Source}}:{{.Destination}}{{if .Mode}}:{{.Mode}}{{end}}{{end}} -ti {{.Config.Image}}' keystone )
$ sudo docker run --rm $OPTIONS /bin/bash

コンテナー内でのコマンドの実行

状況によっては、特定の Bash コマンドでコンテナー内の情報を取得する必要がある場合があります。このような場合には、以下の docker コマンドを使用して、稼働中のコンテナー内でコマンドを実行します。たとえば、keystone コンテナーで次のコマンドを実行します。

$ sudo docker exec -ti keystone <COMMAND>
注記

-ti オプションを指定すると、コマンドは対話式の擬似ターミナルで実行されます。

<COMMAND> は必要なコマンドに置き換えます。たとえば、各コンテナーには、サービスの接続を確認するためのヘルスチェックスクリプトがあります。keystone にヘルスチェックスクリプトを実行するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo docker exec -ti keystone /openstack/healthcheck

コンテナーのシェルにアクセスするには、/bin/bash をコマンドとして使用する docker exec を実行します。

$ sudo docker exec -ti keystone /bin/bash

コンテナーのエクスポート

コンテナーに障害が発生した場合には、ファイルの内容を詳細に調べる必要があります。この場合は、コンテナーの全ファイルシステムを tar アーカイブとしてエクスポートすることができます。たとえば、keystone コンテナーのファイルシステムをエクスポートするには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo docker export keystone -o keystone.tar

このコマンドにより keystone.tar アーカイブが作成されます。これを抽出して、調べることができます。