Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

15.7.4. Compute サービスのエラー

コンピュートノードは、Compute サービスを使用して、ハイパーバイザーベースの操作を実行します。これは、このサービスを中心にコンピュートノードのメインの診断が行われていることを意味します。以下に例を示します。

  • コンテナーのステータスを表示します。

    $ sudo docker ps -f name=nova_compute
  • コンピュートノードの主なログファイルは /var/log/containers/nova/nova-compute.log です。コンピュートノードの通信で問題が発生した場合に、通常はこのログが診断を開始するのに適した場所です。
  • コンピュートノードでメンテナンスを実行する場合には、既存のインスタンスをホストから稼働中のコンピュートノードに移行し、ノードを無効にします。詳しくは、「コンピュートノード間の仮想マシンインスタンスの移行」を参照してください。