Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

2.4.3. Ceph Storage ノードの要件

Ceph Storage ノードは、Red Hat OpenStack Platform 環境でオブジェクトストレージを提供する役割を果たします。

配置グループ
デプロイメントの規模によらず、動的で効率的なオブジェクトの追跡を容易に実施するために、Ceph では配置グループが使用されています。OSD の障害やクラスターのリバランスの際には、Ceph は配置グループおよびその内容を移動または複製することができるので、Ceph クラスターは効率的にリバランスおよび復旧を行うことができます。Director が作成するデフォルトの配置グループ数が常に最適とは限らないので、ご自分の要求に応じて正しい配置グループ数を計算することが重要です。配置グループの計算ツールを使用して、正しい数を計算することができます (Ceph Placement Groups (PGs) per Pool Calculator を参照)。
プロセッサー
Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする 64 ビット x86 プロセッサー。
メモリー
Red Hat では、OSD ホスト 1 台につき 16 GB の RAM をベースラインとし、これに OSD デーモンごとに 2 GB の RAM を追加する構成を推奨します。
ディスクのレイアウト

ディスクサイズは、ストレージのニーズに依存します。推奨される Red Hat Ceph Storage ノードの構成には、少なくとも以下のようなレイアウトの 3 つのディスクが必要です。

  • /dev/sda: ルートディスク。director は、主なオーバークラウドイメージをディスクにコピーします。このディスクには、少なくとも 50 GB の空きディスク領域が必要です。
  • /dev/sdb: ジャーナルディスク。このディスクは、Ceph OSD ジャーナル向けにパーティションに分割されます。たとえば、/dev/sdb1/dev/sdb2/dev/sdb3 … となります。ジャーナルディスクは、通常システムパフォーマンスの向上に役立つ Solid State Drive (SSD) です。
  • /dev/sdc 以降: OSD ディスク。ストレージ要件で必要な数のディスクを使用します。

    注記

    Red Hat OpenStack Platform director は ceph-ansible を使用しますが、Ceph Storage ノードのルートディスクへの OSD インストールには対応しません。したがって、サポートされる Ceph Storage ノードには少なくとも 2 つのディスクが必要になります。

ネットワークインターフェースカード
最小 1 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード (実稼働環境では最低でも NIC を 2 枚使用することを推奨)。タグ付けされた VLAN トラフィックを委譲する場合や、ボンディングインターフェース向けの場合には追加のネットワークインターフェースを使用します。特に大量のトラフィックにサービスを提供する OpenStack Platform 環境を構築する場合には、ストレージノードには 10 Gbps インターフェースを使用することを推奨します。
電源管理
各コントローラーノードには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。
イメージ属性
Red Hat Ceph Storage ブロックデバイスのパフォーマンスを向上させるために、virtio-scsi ドライバーを使用するように Glance イメージを設定することができます。イメージの推奨イメージ属性に関する詳細は、Red Hat Ceph Storage ドキュメントの「Congfiguring Glance」を参照してください。

Ceph Storage クラスターを使用するオーバークラウドのインストールについての詳しい情報は、『コンテナー化された Red Hat Ceph を持つオーバークラウドのデプロイ』を参照してください。