Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

15.4.3. ベアメタルプロビジョニング

ironic をチェックして、全登録ノードと現在の状態を表示します。

$ source ~/stackrc
(undercloud) $ openstack baremetal node list

+----------+------+---------------+-------------+-----------------+-------------+
| UUID     | Name | Instance UUID | Power State | Provision State | Maintenance |
+----------+------+---------------+-------------+-----------------+-------------+
| f1e261...| None | None          | power off   | available       | False       |
| f0b8c1...| None | None          | power off   | available       | False       |
+----------+------+---------------+-------------+-----------------+-------------+

プロビジョニングプロセスでよく発生する問題を以下に示します。

  • 結果の表の「Provision State」および「Maintenance」の列を確認します。以下の点をチェックしてください。

    • 表にノードが表示されない、または必要なノード数よりも少ない
    • 「Maintenance」が True に設定されている
    • プロビジョニングの状態が manageable に設定されている。これにより、登録または検出プロセスに問題があることが分かります。たとえば、「Maintenance」が True に自動的に設定された場合は通常、ノードの電源管理の認証情報が間違っています。
  • 「Provision State」が available の場合には、ベアメタルのデプロイメントが開始される前に問題が発生しています。
  • 「Provision State」が active で、「Power State」が power on の場合、ベアメタルのデプロイメントは正常に完了しています。これは、デプロイメント後の設定ステップで問題が発生したことを意味します。
  • ノードの「Provision State」が wait call-back の場合には、このノードではまだ Bare Metal Provisioning プロセスが完了していません。このステータスが変わるまで待ってください。ステータスが変わらない場合には、問題のあるノードの仮想コンソールに接続して、出力を確認します。
  • 「Provision State」が error または deploy failed の場合には、このノードでのベアメタルプロビジョニングは失敗しています。ベアメタルノードの詳細を確認してください。

    (undercloud) $ openstack baremetal node show [NODE UUID]

    エラーの説明が含まれる last_error フィールドがないか確認します。エラーメッセージは曖昧なため、ログを使用して解明します。

    (undercloud) $ sudo journalctl -u openstack-ironic-conductor -u openstack-ironic-api
  • wait timeout error が表示されており、「Power State」が power on の場合には、問題のあるノードの仮想コンソールに接続して、出力を確認します。