Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

12.3.2. 削除されたコンピュートノードの交換

オーバークラウドデプロイメントで削除されたコンピュートノードを置き換えるには、新しいコンピュートノードを登録して検査するか、削除したコンピュートノードを再度追加します。また、ノードをプロビジョニングするようにオーバークラウドを設定する必要があります。

手順

  1. オプション: 削除されたコンピュートノードのインデックスを再利用するには、コンピュートノードが削除されたときに拒否リストを置き換えるロールの RemovalPoliciesMode パラメーターと RemovalPolicies パラメーターを設定します。

    parameter_defaults:
      <RoleName>RemovalPoliciesMode: update
      <RoleName>RemovalPolicies: [{'resource_list': []}]
  2. 削除されたコンピュートノードを置き換えます。

    • 新しいコンピュートノードを追加するには、新しいノードを登録、検査、およびタグ付けして、プロビジョニングの準備をします。詳細については、Configuring a basic overcloud を参照してください。
    • 手動で削除したコンピュートノードを再度追加するには、ノードをメンテナーンスモードから削除します。

      (undercloud)$ openstack baremetal node maintenance unset <node_uuid>
  3. 既存のオーバークラウドのデプロイに使用した openstack overcloud deploy コマンドを再実行します。
  4. デプロイメントプロセスが完了するまで待ちます。
  5. ディレクターが新しいコンピュートノードを正常に登録したことを確認します。

    (undercloud)$ openstack baremetal node list
  6. 手順 1 を実行して、update 用のロールの RemovalPoliciesMode を設定した場合は、ロールの RemovalPoliciesMode をデフォルト値の append にリセットして、コンピュートノードが削除されたときにコンピュートノードインデックスを現在の拒否リストに追加する必要があります。

    parameter_defaults:
      <RoleName>RemovalPoliciesMode: append
  7. 既存のオーバークラウドのデプロイに使用した openstack overcloud deploy コマンドを再実行します。