Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

A.7. アンダークラウドで証明書を使用する場合

以下のコマンドを実行して、証明書とキーを統合します。

$ cat server.crt.pem server.key.pem > undercloud.pem

このコマンドにより、undercloud.pem が作成されます。undercloud.conf ファイルの undercloud_service_certificate オプションにこのファイルの場所を指定します。このファイルには、HAProxy ツールが読み取ることができるように、特別な SELinux コンテキストも必要です。以下の例を目安にしてください。

$ sudo mkdir /etc/pki/instack-certs
$ sudo cp ~/undercloud.pem /etc/pki/instack-certs/.
$ sudo semanage fcontext -a -t etc_t "/etc/pki/instack-certs(/.*)?"
$ sudo restorecon -R /etc/pki/instack-certs

undercloud.conf ファイルの undercloud_service_certificate オプションに undercloud.pem の場所を追記します。以下に例を示します。

undercloud_service_certificate = /etc/pki/instack-certs/undercloud.pem

また、「認証局の作成」で作成した認証局をアンダークラウドの信頼済み認証局の一覧に認証局を追加して、アンダークラウド内の異なるサービスが認証局にアクセスできるようにします。

$ sudo cp ca.crt.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
$ sudo update-ca-trust extract

アンダークラウドがすでにインストールされている状態で、既存の設定を更新するために openstack undercloud install を実行する場合には、haproxy サービスを再起動して設定を再読み込みする必要があります。

$ sudo systemctl restart haproxy

「director の設定」の手順に従ってアンダークラウドのインストールを続行します。