Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第4章 ストレージサービスのカスタマイズ

director の提供する heat テンプレートコレクションには、基本的な Ceph Storage 設定を有効にするために必要なテンプレートおよび環境ファイルがすでに含まれています。

/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible.yaml 環境ファイルにより Ceph クラスターが作成され、デプロイ時にオーバークラウドと統合します。このクラスターは、コンテナー化された Ceph Storage ノードを特色とします。OpenStack のコンテナー化されたサービスに関する詳細は、『director のインストールと使用方法』「CLI ツールを使用した基本的なオーバークラウドの設定」を参照してください。

Red Hat OpenStack director により、基本的なデフォルト設定もデプロイされた Ceph クラスターに適用されます。Ceph クラスターにカスタム設定を渡すには、カスタム環境ファイルが必要です。

手順

  1. /home/stack/templates/ にファイル storage-config.yaml を作成します。本書の目的上 、~/templates/storage-config.yaml には、お使いの環境用のオーバークラウド関連のほとんどのカスタム設定が含まれています。これにより、director がオーバークラウドに適用するすべてのデフォルト設定が上書きされます。
  2. ~/templates/storage-config.yamlparameter_defaults セクションを追加します。このセクションには、お使いのオーバークラウド用のカスタム設定が含まれます。たとえば、Networking サービス(neutron)のネットワーク種別として vxlan を設定するには、以下を実行します。

    parameter_defaults:
      NeutronNetworkType: vxlan
  3. オプション: 必要に応じて、parameter _defaults セクションに以下のオプションを設定することができます。

    オプション説明デフォルト値

    CinderEnableIscsiBackend

    iSCSI バックエンドを有効にします。

    false

    CinderEnableRbdBackend

    Ceph Storage バックエンドを有効にします。

    true

    CinderBackupBackend

    ボリュームバックアップ用のバックエンドに ceph または swift を設定します。関連情報は、「バックアップサービスで Ceph を使用する設定」を参照してください。

    ceph

    NovaEnableRbdBackend

    Nova の一時ストレージ用に Ceph Storage を有効にします。

    true

    GlanceBackend

    Image サービスが使用するバックエンドを定義します。rbd (Ceph)、swift、または file を設定可能です。

    rbd

    GnocchiBackend

    Telemetry サービスが使用するバックエンドを定義します。rbd (Ceph)、swift、または file を設定可能です。

    rbd

    注記

    デフォルト設定を使用する場合には 、~/templates/storage-config.yaml からオプションを省くことができます。

環境ファイルの内容は、これ以降のセクションで適用する設定により異なります。最終的な設定の例は、「付録A 環境ファイルのサンプル: Ceph クラスターの作成」を参照してください。

以下のサブセクションでは、director により適用されるストレージサービスの共通デフォルト設定を上書きする方法について説明します。

4.1. Ceph Metadata Server の有効化

Ceph Metadata Server (MDS) は ceph-mds デーモンを実行し、CephFS に保管されたファイルに関するメタデータを管理します。CephFS には、NFS を通じてアクセスすることができます。NFS バックエンドへの CephFS の使用に関する情報は、『Ceph File System Guide』および『Shared File Systems サービスの NFS バックエンドに CephFS を使用した場合のガイド』を参照してください。

注記

Red Hat がサポートするのは、Shared File Systems サービスの NFS バックエンドに CephFS を使用する構成と共にデプロイした Ceph MDS だけです。

Ceph Metadata Server を有効にするには、オーバークラウド作成時に以下の環境ファイルを呼び出します。

  • /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-mds.yaml

詳しくは、「オーバークラウドデプロイメントの開始」を参照してください。Ceph Metadata Server に関する詳しい情報は、「Configuring Metadata Server Daemons」を参照してください。

注記

デフォルトでは、Ceph Metadata Server はコントローラーノードにデプロイされます。Ceph Metadata Server を専用のノードにデプロイすることができます。詳しくは、「Ceph MDS サービス向けのカスタムロールとフレーバーの作成」を参照してください。