Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第2章 オーバークラウドノードの準備

このシナリオのすべてのノードは、電源管理に IPMI を使用したベアメタルシステムです。director により Red Hat Enterprise Linux 7 のイメージが各ノードにコピーされるため、これらのノードではオペレーティングシステムは必要ありません。また、ここで説明するノード上の Ceph Storage サービスはコンテナーベースです。すべてのノードは、ネイティブの VLAN を通じてこのネットワークに接続されます。

2.1. Ceph Storage ノードのディスクのクリーニング

Ceph Storage OSD およびジャーナルのパーティションには GPT ディスクラベルが必要です。これは、Ceph OSD サービスをインストールする前に Ceph Storage 上の追加のディスクを GPT に変換する必要があることを意味します。この変換を行うには、そのディスクから全メタデータを削除して、director が GPT ラベルを設定できるようにする必要があります。

以下の設定をご自分の /home/stack/undercloud.conf ファイルに追加すると、director がデフォルトでディスクのメタデータをすべて削除するように設定できます。

clean_nodes=true

このオプションでは、Bare Metal Provisioning サービスが追加のステップを実行してノードをブートし、ノードが available に設定されると毎回、ディスクの クリーニング を実行します。これにより、初回のイントロスペクションが終了して、各デプロイメントが開始する前に電源サイクルがもう 1 つ追加されます。Bare Metal Provisioning サービスは wipefs --force --all を使用してクリーニングを実行します。

このオプションを設定したら、openstack undercloud install コマンドを実行して、この設定変更を有効にします。

警告

wipefs --force --all により、ディスク上の全データおよびメタデータが削除されますが、Secure Erase は実行されません。Secure Erase には、はるかに長く時間がかかります。