Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.6. rhsm コンポーザブルサービスへの切り替え

rhel-registration の方法では、バッシュスクリプトを実行してオーバークラウドの登録を処理します。この方法のスクリプトと環境ファイルは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/extraconfig/pre_deploy/rhel-registration/ のコア Heat テンプレートコレクションにあります。

この手順では、rhel-registration の方法から rhsm コンポーザブルサービスに切り替える方法を説明します。

手順

  1. rhel-registration 環境ファイルは、今後のデプロイメント操作から除外します。大半の場合、これは以下のファイルです。

    • rhel-registration/environment-rhel-registration.yaml
    • rhel-registration/rhel-registration-resource-registry.yaml
  2. rhsm コンポーザブルサービスのパラメーター用の環境ファイルを今後のデプロイメント操作に追加します。

このメソッドは、rhel-registration パラメーターを rhsm サービスのパラメーターに置き換えて、サービスを有効化する Heat リソースを変更します。

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeExtraConfig: rhel-registration.yaml

上記の行を以下のように変更します。

resource_registry:
  OS::TripleO::Services::Rhsm: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/extraconfig/services/rhsm.yaml

rhel-registration メソッドから rhsm メソッドへの情報の移行を容易に行うには、以下の表を使用してパラメーターとその値をマッピングします。