Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第5章 オーバークラウドの登録

オーバークラウドでは、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク、Red Hat Satellite Server 5、または Red Hat Satellite Server 6 のいずれかにノードを登録することができます。

5.1. 環境ファイルを使用したオーバークラウドの登録

登録ファイルを Heat テンプレートコレクションからコピーします。

$ cp -r /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/extraconfig/pre_deploy/rhel-registration ~/templates/.

~/templates/rhel-registration/environment-rhel-registration.yaml ファイルを編集し、登録の方法と詳細に適用されるパラメーターの値を変更します。

一般的なパラメーター

rhel_reg_method
登録の方法を選択します。portalsatellite、または disable のいずれかです。
rhel_reg_type
登録するユニットの種別。system として登録するには空欄のままにします。
rhel_reg_auto_attach
互換性のあるサブスクリプションをこのシステムに自動的にアタッチします。有効にするには、true に設定します。この機能を無効にするには、このパラメーターを空欄のままにします。
rhel_reg_service_level
自動アタッチメントに使用するサービスレベル
rhel_reg_release
このパラメーターを使用して、自動アタッチメント用のリリースバージョンを設定します。Red Hat Subscription Manager からのデフォルトを使用するには、空欄のままにします。
rhel_reg_pool_id
使用するサブスクリプションプール ID。サブスクリプションを自動でアタッチしない場合には、このパラメーターを使用してください。この ID を特定するには、アンダークラウドノードから sudo subscription-manager list --available --all --matches="*OpenStack*" を実行して、出力される Pool ID 値を使用します。
rhel_reg_sat_url
オーバークラウドノードを登録する Satellite Server のベース URL。このパラメーターには、Satellite Server の HTTPS URL ではなく、HTTP URL を使用します。たとえば、https://satellite.example.com ではなく http://satellite.example.com を使用します。オーバークラウドの作成プロセスでは、この URL を使用して Red Hat Satellite Server 5 または Red Hat Satellite Server 6 のどちらを使用するかを判断します。Red Hat Satellite Server 6 を使用する場合、オーバークラウドは katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm ファイルを取得し、subscription-manager により登録を行い、katello-agent をインストールします。Red Hat Satellite Server 5 を使用する場合、オーバークラウドは RHN-ORG-TRUSTED-SSL-CERT ファイルを取得して rhnreg_ks により登録を行います。
rhel_reg_server_url
使用するサブスクリプションサービスのホスト名。デフォルトは、カスタマーポータルのサブスクリプション管理「subscription.rhn.redhat.com」です。このオプションを使用しない場合、システムはカスタマーポータルのサブスクリプション管理に登録されます。サブスクリプションサーバーの URL は、https://hostname:port/prefix の形式を使用します。
rhel_reg_base_url
更新を受け取るのに使用するコンテンツ配信サーバーのホスト名。デフォルトは https://cdn.redhat.com です。Satellite 6 は独自のコンテンツをホストするため、URL は Satellite 6 で登録されているシステムに使用する必要があります。コンテンツのベース URL は、https://hostname:port/prefix の形式を使用します。
rhel_reg_org
登録に使用する組織。この ID を特定するには、アンダークラウドノードから sudo subscription-manager orgs を実行します。プロンプトが表示されたら、Red Hat の認証情報を入力して、出力される Key 値を使用します。
rhel_reg_environment
選択した組織内で使用する環境
rhel_reg_repos
有効化するリポジトリーのコンマ区切りリスト
rhel_reg_activation_key
登録に使用するアクティベーションキー。登録にアクティベーションキーを使用する場合は、登録に使用する組織も指定する必要があります。
rhel_reg_user、rhel_reg_password
登録に使用するユーザー名およびパスワード。可能な場合には、登録にアクティベーションキーを使用します。
rhel_reg_machine_name
登録に使用するマシン名。ノードのホスト名を使用する場合は、空欄のままにします。
rhel_reg_force
登録のオプションを強制するには true に設定します (例:ノードの再登録時など)。
rhel_reg_sat_repo
Red Hat Satellite 6 Server の管理ツール (katello-agent など) が含まれているリポジトリー。リポジトリー名が Satellite Server のバージョンに対応していること、またリポジトリーが Satellite Server と同期されていることを確認します。たとえば、rhel-7-server-satellite-tools-6.2-rpms は Red Hat Satellite 6.2 に対応します。

アップグレードのパラメーター

UpdateOnRHELRegistration
True に設定すると、登録が完了した後にオーバークラウドパッケージの更新がトリガーされます。デフォルトでは False に設定されます。

HTTP プロキシーのパラメーター

rhel_reg_http_proxy_host
HTTP プロキシーのホスト名。たとえば、proxy.example.com
rhel_reg_http_proxy_port
HTTP プロキシー通信用のポート。たとえば、8080
rhel_reg_http_proxy_username
HTTP プロキシーにアクセスするためのユーザー名
rhel_reg_http_proxy_password
HTTP プロキシーにアクセスするためのパスワード
重要

プロキシーサーバーを使用する場合には、rhel_reg_http_proxy_host パラメーターで定義されているホストへのルートが、全オーバークラウドノードにあることを確認してください。このホストへのルートがなければ、subscription-manager がタイムアウトして、デプロイメントが失敗する原因となります。

デプロイメントコマンド (openstack overcloud deploy) は、-e オプションを使用して環境ファイルを追加します。~/templates/rhel-registration/environment-rhel-registration.yaml~/templates/rhel-registration/rhel-registration-resource-registry.yaml の両方を追加します。たとえば、以下のようになります。

$ openstack overcloud deploy --templates [...] -e /home/stack/templates/rhel-registration/environment-rhel-registration.yaml -e /home/stack/templates/rhel-registration/rhel-registration-resource-registry.yaml
重要

登録は、OS::TripleO::NodeExtraConfig Heat リソースとして設定されます。これは、このリソースを登録のみに使用できることを意味します。詳しくは、「事前設定: 特定のオーバークラウドロールのカスタマイズ」を参照してください。