第21章 コントローラーノードのフェンシング

フェンシングとは、クラスターとそのリソースを保護するために、障害が発生したノードを分離するプロセスのことです。フェンシングがないと、障害のあるノードが原因でクラスター内のデータが破損する可能性があります。

director は、Pacemaker を使用して、高可用性のコントローラーノードクラスターを提供します。Pacemaker は、障害の発生したノードをフェンシングするのに STONITH というプロセスを使用します。STONITH はデフォルトでは無効化されているため、Pacemaker がクラスター内の各ノードの電源管理を制御できるように手動で設定する必要があります。

21.1. STONITH および Pacemaker の状態の確認

  1. director 上の stack ユーザーから、heat-admin ユーザーとして各ノードにログインします。オーバークラウドを作成すると自動的に stack ユーザーの SSH キーが各ノードの heat-admin にコピーされます。
  2. 実行中のクラスターがあることを確認します。

    $ sudo pcs status
    Cluster name: openstackHA
    Last updated: Wed Jun 24 12:40:27 2015
    Last change: Wed Jun 24 11:36:18 2015
    Stack: corosync
    Current DC: lb-c1a2 (2) - partition with quorum
    Version: 1.1.12-a14efad
    3 Nodes configured
    141 Resources configured
  3. STONITH が無効化されていることを確認します。

    $ sudo pcs property show
    Cluster Properties:
    cluster-infrastructure: corosync
    cluster-name: openstackHA
    dc-version: 1.1.12-a14efad
    have-watchdog: false
    stonith-enabled: false

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。