Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

7.3.4. 無効化されたサービスの有効化

一部のサービスはデフォルトで無効化されています。これらのサービスは、overcloud-resource-registry-puppet.j2.yaml ファイルで null 操作 (OS::Heat::None) として登録されます。たとえば、Block Storage のバックアップサービス (cinder-backup) は無効化されています。

  OS::TripleO::Services::CinderBackup: OS::Heat::None

このサービスを有効化するには、puppet/services ディレクトリー内の対応する Heat テンプレートにリソースをリンクする環境ファイルを追加します。一部のサービスには、environments ディレクトリー内に事前定義済みの環境ファイルがあります。たとえば、Block Storage のバックアップサービスは、以下のような内容を含む environments/cinder-backup.yaml ファイルを使用します。

resource_registry:
  OS::TripleO::Services::CinderBackup: ../docker/services/pacemaker/cinder-backup.yaml
...

これにより、デフォルトの null 操作のリソースが上書きされ、これらのサービスが有効になります。openstack overcloud deploy コマンドの実行時に、この環境ファイルを指定します。

$ openstack overcloud deploy --templates -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/cinder-backup.yaml
ヒント

サービスを有効/無効にする方法のその他の例は、『OpenStack Data Processing』「Installation」を参照してください。この項には、オーバークラウドで OpenStack Data Processing サービス (sahara) を有効にする手順が記載されています。