Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.6. Puppet: 個別のノードの Hieradata のカスタマイズ

Heat テンプレートコレクションを使用して、個別のノードの Puppet hieradata を設定することができます。そのためには、ノードのイントロスペクションデータの一部として保存されているシステム UUID を取得する必要があります。

$ openstack baremetal introspection data save 9dcc87ae-4c6d-4ede-81a5-9b20d7dc4a14 | jq .extra.system.product.uuid

このコマンドは、システム UUID を出力します。たとえば、以下のようになります。

"F5055C6C-477F-47FB-AFE5-95C6928C407F"

このシステム UUID は、ノード固有の hieradata を定義して per_node.yaml テンプレートを事前設定フックに登録する環境ファイルで使用します。たとえば、以下のようになります。

resource_registry:
  OS::TripleO::ComputeExtraConfigPre: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/puppet/extraconfig/pre_deploy/per_node.yaml
parameter_defaults:
  NodeDataLookup: '{"F5055C6C-477F-47FB-AFE5-95C6928C407F": {"nova::compute::vcpu_pin_set": [ "2", "3" ]}}'

openstack overcloud deploy を実行する際に、この環境ファイルを指定します。

per_node.yaml テンプレートは、各システム UUID に対応するノード上に heiradata ファイルのセットを生成して、定義した hieradata を含めます。UUID が定義されていない場合には、生成される hieradata ファイルは空になります。上記の例では、per_node.yaml テンプレートは (OS::TripleO::ComputeExtraConfigPre フックに従って) 全コンピュートノード上で実行されますが、システム UUID が F5055C6C-477F-47FB-AFE5-95C6928C407F のコンピュートノードのみが hieradata を受け取ります。

これにより、特定の要件に応じて各ノードを調整することができます。

NodeDataLookup の詳細については、『コンテナー化された Red Hat Ceph を持つオーバークラウドのデプロイ』「異なる構成の Ceph Storage ノードへのディスクレイアウトのマッピング」を参照してください。