Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

14.2. カスタムのホスト名の割り当て

「特定のノード ID の割り当て」のノード ID の設定と組み合わせて、director は特定のカスタムホスト名を各ノードに割り当てることもできます。システムの場所 (例: rack2-row12) を定義する必要がある場合や、インベントリー ID を照合する必要がある場合、またはカスタムのホスト名が必要となるその他の状況において、カスタムのホスト名は便利です。

重要

デプロイ後にノードの名前を変更しないでください。デプロイメント後にノードの名前を変更すると、インスタンスの管理に問題が生じます。

ノードのホスト名をカスタマイズするには、「特定のノード ID の割り当て」 で作成した scheduler_hints_env.yaml ファイルなどの環境ファイルの HostnameMap パラメーターを使用します。たとえば、以下のようになります。

parameter_defaults:
  ControllerSchedulerHints:
    'capabilities:node': 'controller-%index%'
  ComputeSchedulerHints:
    'capabilities:node': 'compute-%index%'
  HostnameMap:
    overcloud-controller-0: overcloud-controller-prod-123-0
    overcloud-controller-1: overcloud-controller-prod-456-0
    overcloud-controller-2: overcloud-controller-prod-789-0
    overcloud-compute-0: overcloud-compute-prod-abc-0

parameter_defaults セクションで HostnameMap を定義し、各マッピングは、HostnameFormat パラメーターを使用して Heat が定義する元のホスト名に設定します (例: overcloud-controller-0)。また、2 つ目の値は、ノードに指定するカスタムのホスト名 (例: overcloud-controller-prod-123-0) にします。

ノード ID の配置と合わせてこの手法を使用することで、各ノードにカスタムのホスト名が指定されるようにします。