Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

7.2.5. 新規ロールの作成

以下の例は、OpenStack Dashboard (horizon) のみをホストする新しい Horizon ロールを作成することを目的としています。このような場合には、新規ロールの情報が含まれるカスタムの roles ディレクトリーを作成します。

デフォルトの roles ディレクトリーのカスタムコピーを作成します。

$ cp -r /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles ~/.

~/roles/Horizon.yaml という名前の新規ファイルを作成して、ベースおよびコアの OpenStack Dashboard サービスが含まれた Horizon ロールを新規作成します。たとえば、以下のようになります。

- name: Horizon
  CountDefault: 1
  HostnameFormatDefault: '%stackname%-horizon-%index%'
  ServicesDefault:
    - OS::TripleO::Services::CACerts
    - OS::TripleO::Services::Kernel
    - OS::TripleO::Services::Ntp
    - OS::TripleO::Services::Snmp
    - OS::TripleO::Services::Sshd
    - OS::TripleO::Services::Timezone
    - OS::TripleO::Services::TripleoPackages
    - OS::TripleO::Services::TripleoFirewall
    - OS::TripleO::Services::SensuClient
    - OS::TripleO::Services::Fluentd
    - OS::TripleO::Services::AuditD
    - OS::TripleO::Services::Collectd
    - OS::TripleO::Services::MySQLClient
    - OS::TripleO::Services::Apache
    - OS::TripleO::Services::Horizon

また、CountDefault1 に設定して、デフォルトのオーバークラウドには常に Horizon ノードが含まれるようにした方がよいでしょう。

既存のオーバークラウド内でサービスをスケーリングする場合には、既存のサービスを Controller ロール上に保持します。新規オーバークラウドを作成して、OpenStack Dashboard がスタンドアロンのロールに残るようにするには、Controller ロールの定義から OpenStack Dashboard コンポーネントを削除します。

- name: Controller
  CountDefault: 1
  ServicesDefault:
    ...
    - OS::TripleO::Services::GnocchiMetricd
    - OS::TripleO::Services::GnocchiStatsd
    - OS::TripleO::Services::HAproxy
    - OS::TripleO::Services::HeatApi
    - OS::TripleO::Services::HeatApiCfn
    - OS::TripleO::Services::HeatApiCloudwatch
    - OS::TripleO::Services::HeatEngine
    # - OS::TripleO::Services::Horizon                # Remove this service
    - OS::TripleO::Services::IronicApi
    - OS::TripleO::Services::IronicConductor
    - OS::TripleO::Services::Iscsid
    - OS::TripleO::Services::Keepalived
    ...

roles ディレクトリーをソースに使用して、新しい roles_data ファイルを生成します。

$ openstack overcloud roles generate -o roles_data-horizon.yaml \
  --roles-path ~/roles \
  Controller Compute Horizon

このロールに新しいフレーバーを定義して、特定のノードをタグ付けできるようにする必要がある場合があります。この例では、以下のコマンドを使用して horizon フレーバーを作成します。

$ openstack flavor create --id auto --ram 6144 --disk 40 --vcpus 4 horizon
$ openstack flavor set --property "cpu_arch"="x86_64" --property "capabilities:boot_option"="local" --property "capabilities:profile"="horizon" horizon
$ openstack flavor set --property resources:VCPU=0 --property resources:MEMORY_MB=0 --property resources:DISK_GB=0 --property resources:CUSTOM_BAREMETAL=1 horizon

以下のコマンドを実行して、ノードを新規フレーバーにタグ付けします。

$ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:horizon,boot_option:local' 58c3d07e-24f2-48a7-bbb6-6843f0e8ee13

以下の環境ファイルのスニペットを使用して、Horizon ノードの数とフレーバーを定義します。

parameter_defaults:
  OvercloudHorizonFlavor: horizon
  HorizonCount: 1

openstack overcloud deploy コマンドの実行時には、新しい roles_data ファイルと環境ファイルを指定します。たとえば、以下のようになります。

$ openstack overcloud deploy --templates -r ~/templates/roles_data-horizon.yaml -e ~/templates/node-count-flavor.yaml

デプロイメントが完了すると、コントローラーノードが 1 台、コンピュートノードが 1 台、ネットワーカーノードが 1 台の 3 ノード構成のオーバークラウドが作成されます。オーバークラウドのノード一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。

$ openstack server list