Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第8章 コンテナー化されたサービス

director は、OpenStack Platform のコアサービスをオーバークラウド上にコンテナーとしてインストールします。本項では、コンテナー化されたサービスがどのように機能するかについての背景情報を記載します。

8.1. コンテナー化されたサービスのアーキテクチャー

director は、OpenStack Platform のコアサービスをオーバークラウド上にコンテナーとしてインストールします。コンテナー化されたサービス用のテンプレートは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/docker/services/ にあります。これらのテンプレートは、それぞれのコンポーザブルサービステンプレートを参照します。たとえば、OpenStack Identity (keystone) のコンテナー化されたサービスのテンプレート (docker/services/keystone.yaml) には、以下のリソースが含まれます。

  KeystoneBase:
    type: ../../puppet/services/keystone.yaml
    properties:
      EndpointMap: {get_param: EndpointMap}
      ServiceData: {get_param: ServiceData}
      ServiceNetMap: {get_param: ServiceNetMap}
      DefaultPasswords: {get_param: DefaultPasswords}
      RoleName: {get_param: RoleName}
      RoleParameters: {get_param: RoleParameters}

type は、それぞれの OpenStack Identity (keystone) コンポーザブルサービスを参照して、そのテンプレートから outputs データをプルします。コンテナー化されたサービスは、独自のコンテナー固有データにこのデータをマージします。

コンテナー化されたサービスを使用するノードではすべて、OS::TripleO::Services::Docker サービスを有効化する必要があります。カスタムロール設定用の roles_data.yaml ファイルを作成する際には、ベースコンポーザブルサービスとともに OS::TripleO::Services::Docker サービスをコンテナー化されたサービスとして追加します。たとえば、Keystone ロールには、以下の定義を使用します。

- name: Keystone
  ServicesDefault:
    - OS::TripleO::Services::CACerts
    - OS::TripleO::Services::Kernel
    - OS::TripleO::Services::Ntp
    - OS::TripleO::Services::Snmp
    - OS::TripleO::Services::Sshd
    - OS::TripleO::Services::Timezone
    - OS::TripleO::Services::TripleoPackages
    - OS::TripleO::Services::TripleoFirewall
    - OS::TripleO::Services::SensuClient
    - OS::TripleO::Services::Fluentd
    - OS::TripleO::Services::AuditD
    - OS::TripleO::Services::Collectd
    - OS::TripleO::Services::MySQLClient
    - OS::TripleO::Services::Docker
    - OS::TripleO::Services::Keystone