Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第3章 パラメーター

director テンプレートコレクション内の各 Heat テンプレートには、parameters セクションがあります。このセクションは、特定のオーバークラウドサービス固有の全パラメーターを定義します。これには、以下が含まれます。

  • overcloud.j2.yaml: デフォルトのベースパラメーター
  • roles_data.yaml: コンポーザブルロールのデフォルトパラメーター
  • puppet/services/*.yaml: 特定のサービスのデフォルトパラメーター

これらのパラメーターの値は、以下の方法で変更することができます。

  1. カスタムパラメーター用の環境ファイルを作成します。
  2. その環境ファイルの parameter_defaults セクションにカスタムのパラメーターを追加します。
  3. openstack overcloud deploy コマンドでその環境ファイルを指定します。

次の数項には、puppet/services ディレクトリー内にあるサービスの特定のパラメーターを設定する方法について、具体的な例を挙げて説明します。

3.1. 例 1: タイムゾーンの設定

タイムゾーンを設定するための Heat テンプレート (puppet/services/time/timezone.yaml) には TimeZone パラメーターが含まれています。TimeZone パラメーターの値を空白のままにすると、オーバークラウドはデフォルトで時刻を UTC に設定します。

タイムゾーンの一覧を取得するには、timedatectl list-timezones コマンドを実行します。アジアのタイムゾーンを取得するコマンド例を以下に示します。

$ sudo timedatectl list-timezones|grep "Asia"

タイムゾーンを特定したら、環境ファイルの TimeZone パラメーターを設定します。以下に示す環境ファイルの例では、TimeZone の値を Asia/Tokyo に設定しています。

parameter_defaults:
  TimeZone: 'Asia/Tokyo'