Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

19.5. Image サービス用 cinder バックエンドの設定

GlanceBackend パラメーターにより、Image サービスがイメージを保管するのに使用するバックエンドを設定します。

重要

デフォルトでは、1 つのプロジェクトで作成可能な最大のボリューム数は 10 です。

手順

  1. Image サービスのバックエンドに cinder を設定するには、以下の設定を環境ファイルに追加します。

    parameter_defaults:
      GlanceBackend: cinder
  2. cinder バックエンドが有効な場合には、デフォルトで以下のパラメーターおよび値が設定されます。

    cinder_store_auth_address = http://172.17.1.19:5000/v3
    cinder_store_project_name = service
    cinder_store_user_name = glance
    cinder_store_password = ****secret****
  3. カスタムのユーザー名または cinder_store_ パラメーターにカスタムの値を使用する場合には、parameter_ defaultsExtraConfig 設定を追加してカスタムの値を渡します。

    ExtraConfig:
        glance::config::api_config:
          glance_store/cinder_store_auth_address:
            value: "%{hiera('glance::api::authtoken::auth_url')}/v3"
          glance_store/cinder_store_user_name:
            value: <user-name>
          glance_store/cinder_store_password:
            value: "%{hiera('glance::api::authtoken::password')}"
          glance_store/cinder_store_project_name:
            value: "%{hiera('glance::api::authtoken::project_name')}"