Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

7.3.3. ロールへのサービスの追加と削除

サービスの追加と削除の基本的な方法では、ノードロールのデフォルトサービス一覧のコピーを作成してからサービスを追加/削除します。たとえば、OpenStack Orchestration (heat) をコントローラーノードから削除するケースを考えます。この場合には、デフォルトの roles ディレクトリーのカスタムコピーを作成します。

$ cp -r /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles ~/.

~/roles/Controller.yaml ファイルを編集して、ServicesDefault パラメーターのサービス一覧を変更します。OpenStack Orchestration のサービスまでスクロールしてそれらを削除します。

    - OS::TripleO::Services::GlanceApi
    - OS::TripleO::Services::GlanceRegistry
    - OS::TripleO::Services::HeatApi            # Remove this service
    - OS::TripleO::Services::HeatApiCfn         # Remove this service
    - OS::TripleO::Services::HeatApiCloudwatch  # Remove this service
    - OS::TripleO::Services::HeatEngine         # Remove this service
    - OS::TripleO::Services::MySQL
    - OS::TripleO::Services::NeutronDhcpAgent

新しい roles_data ファイルを生成します。たとえば、以下のようになります。

$ openstack overcloud roles generate -o roles_data-no_heat.yaml \
  --roles-path ~/roles \
  Controller Compute Networker

openstack overcloud deploy コマンドを実行する際には、この新しい roles_data ファイルを指定します。たとえば、以下のようになります。

$ openstack overcloud deploy --templates -r ~/templates/roles_data-no_heat.yaml

このコマンドにより、コントローラノードには OpenStack Orchestration のサービスがインストールされない状態でオーバークラウドがデプロイされます。

注記

また、カスタムの環境ファイルを使用して、roles_data ファイル内のサービスを無効にすることもできます。無効にするサービスを OS::Heat::None リソースにリダイレクトします。たとえば、以下のようになります。

resource_registry:
  OS::TripleO::Services::HeatApi: OS::Heat::None
  OS::TripleO::Services::HeatApiCfn: OS::Heat::None
  OS::TripleO::Services::HeatApiCloudwatch: OS::Heat::None
  OS::TripleO::Services::HeatEngine: OS::Heat::None