Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.3. rhsm コンポーザブルサービスを使用したオーバークラウドの登録

以下の手順に従って、rhsm コンポーザブルサービスを有効化して設定する環境ファイルを作成します。director はこの環境ファイルを使用して、ノードを登録し、サブスクライブします。

手順

  1. 設定を保存するための環境ファイル (templates/rhsm.yml) を作成します。
  2. 環境ファイルに設定を追加します。たとえば、以下のようになります。

    resource_registry:
      OS::TripleO::Services::Rhsm: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/extraconfig/services/rhsm.yaml
    parameter_defaults:
      RhsmVars:
        rhsm_repos:
          - rhel-7-server-rpms
          - rhel-7-server-extras-rpms
          - rhel-7-server-rh-common-rpms
          - rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms
          - rhel-7-server-openstack-13-rpms
          - rhel-7-server-rhceph-3-osd-rpms
          - rhel-7-server-rhceph-3-mon-rpms
          - rhel-7-server-rhceph-3-tools-rpms
        rhsm_activation_key: "my-openstack"
        rhsm_org_id: "1234567"
        rhsm_pool_ids: "1a85f9223e3d5e43013e3d6e8ff506fd"
        rhsm_method: "portal"

    resource_registry は、各ロールで利用可能な OS::TripleO::Services::Rhsm リソースに rhsm コンポーザブルサービスを関連付けます。

    RhsmVars の変数は、Red Hat の登録を設定するためにパラメーターを Ansible に渡します。

  3. 環境ファイルを保存します。

特定のオーバークラウドロールに対して登録情報を提供することもできます。次の項では、その例を説明します。