Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.5. Red Hat Satellite Server へのオーバークラウドの登録

ノードを Red Hat カスタマーポータルではなく Red Hat Satellite に登録するには、rhsm コンポーザブルサービスを有効にして設定する環境ファイルを作成します。

手順

  1. 設定を保存するための環境ファイル (templates/rhsm.yml) を作成します。
  2. 環境ファイルに設定を追加します。たとえば、以下のようになります。

    resource_registry:
      OS::TripleO::Services::Rhsm: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/extraconfig/services/rhsm.yaml
    parameter_defaults:
      RhsmVars:
        rhsm_activation_key: "myactivationkey"
        rhsm_method: "satellite"
        rhsm_org_id: "ACME"
        rhsm_server_hostname: "satellite.example.com"
        rhsm_baseurl: "https://satellite.example.com/pulp/repos"
        rhsm_release: 7.9

    resource_registry は、各ロールで利用可能な OS::TripleO::Services::Rhsm リソースに rhsm コンポーザブルサービスを関連付けます。

    RhsmVars の変数は、Red Hat の登録を設定するためにパラメーターを Ansible に渡します。

  3. 環境ファイルを保存します。

これらの手順は、オーバークラウドで rhsm を有効化して設定します。ただし、5章オーバークラウドの登録rhel-registration の方法を使用している場合には、これを無効にして Ansible ベースの方法に切り替える必要があります。rhel-registration メソッドから Ansible ベースのメソッドに切り替えるには、以下の手順に従ってください。