Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

2.4. プランの環境メタデータ

プランの環境メタデータファイルにより、オーバークラウドプランに関するメタデータを定義することができます。この情報は、オーバークラウドプランのインポートとエクスポートに使用されるのに加えて、プランからオーバークラウドを作成する際にも使用されます。

プランの環境ファイルメタデータファイルには、以下のパラメーターが含まれます。

version
テンプレートのバージョン
name
オーバークラウドプランと、プランファイルの保管に使用する OpenStack Object Storage (swift) 内のコンテナーの名前
template
オーバークラウドのデプロイメントに使用するコアの親テンプレート。これは、大半の場合は overcloud.yaml (overcloud.yaml.j2 テンプレートをレンダリングしたバージョン) です。
environments
使用する環境ファイルの一覧を定義します。各環境ファイルのパスは path サブパラメーターで指定します。
parameter_defaults
オーバークラウドで使用するパラメーターのセット。これは、標準の環境ファイルの parameter_defaults セクションと同じように機能します。
passwords
オーバークラウドのパスワードに使用するパラメーターのセット。これは、標準の環境ファイルの parameter_defaults セクションと同じように機能します。通常、このセクションには director が無作為に生成したパスワードを自動的に設定します。
workflow_parameters
OpenStack Workflow (mistral) の名前空間にパラメーターのセットを指定することができます。このパラメーターを使用して、特定のオーバークラウドパラメーターを自動生成することができます。

プランの環境ファイルの構文の例を以下に示します。

version: 1.0
name: myovercloud
description: 'My Overcloud Plan'
template: overcloud.yaml
environments:
- path: overcloud-resource-registry-puppet.yaml
- path: environments/docker.yaml
- path: environments/docker-ha.yaml
- path: environments/containers-default-parameters.yaml
- path: user-environment.yaml
parameter_defaults:
  ControllerCount: 1
  ComputeCount: 1
  OvercloudComputeFlavor: compute
  OvercloudControllerFlavor: control
workflow_parameters:
  tripleo.derive_params.v1.derive_parameters:
    num_phy_cores_per_numa_node_for_pmd: 2

openstack overcloud deploy コマンドに -p オプションを使用して、プランの環境メタデータファイルを指定することができます。たとえば、以下のようになります。

(undercloud) $ openstack overcloud deploy --templates \
  -p /my-plan-environment.yaml \
  [OTHER OPTIONS]

以下のコマンドを使用して、既存のオーバークラウドプラン用のプランメタデータを確認することもできます。

(undercloud) $ openstack object save overcloud plan-environment.yaml --file -