Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第13章 ネットワークインターフェースボンディング

本章では、カスタムネットワーク設定で使用することのできるボンディングのオプションを定義します。

13.1. ネットワークインターフェースボンディングおよび Link Aggregation Control Protocol (LACP)

複数の物理 NIC をバンドルして、単一の論理チャネルを形成することができます。この構成はボンディングとも呼ばれます。ボンディングを設定して、高可用性システム用の冗長性またはスループットの向上を実現することができます。

重要

ボンディングされたインターフェースでの Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) の使用はサポートされません。

Red Hat OpenStack Platform では、Linux ボンディング、Open vSwitch (OVS) カーネルボンディング、および OVS-DPDK ボンディングがサポートされます。

ボンディングは、オプションの Link Aggregation Control Protocol (LACP) と共に使用することができます。LACP は動的ボンディングを作成するネゴシエーションプロトコルで、これにより負荷分散機能および耐障害性を持たせることができます。

Red Hat では、OvS カーネルボンディング (ボンディング種別: ovs_bond) ではなく Linux カーネルボンディング (ボンディング種別: linux_bond) の使用を推奨します。ユーザーモードボンディング (ボンディング種別: ovs_dpdk_bond) は、カーネルモードブリッジ (種別: ovs_bridge) ではなくユーザーモードブリッジ (種別: ovs_user_bridge) と共に使用する必要があります。ただし、ovs_bridge と ovs_user_bridge を同じノード上で組み合わせないでください。

コントロールネットワークおよびストレージネットワークの場合は、Red Hat では VLAN を使用する Linux ボンディングと LACP の組み合わせを推奨します。OVS ボンディングを使用すると、更新、ホットフィックス等の理由により OVS または neutron エージェントが再起動すると、コントロールプレーンの中断が生じる可能性があるためです。Linux ボンディング/LACP/VLAN の構成であれば、OVS の中断を懸念することなく NIC を管理できます。

1 つの VLAN を使用する Linux ボンディングの設定例を以下に示します。

params:
            $network_config:
              network_config:

              - type: linux_bond
                name: bond_api
                bonding_options: "mode=active-backup"
                use_dhcp: false
                dns_servers:
                  get_param: DnsServers
                members:
                - type: interface
                  name: nic3
                  primary: true
                - type: interface
                  name: nic4

              - type: vlan
                vlan_id:
                  get_param: InternalApiNetworkVlanID
                device: bond_api
                addresses:
                - ip_netmask:
                    get_param: InternalApiIpSubnet

OVS ブリッジにプラグインした Linux ボンディングの例を以下に示します。

params:
            $network_config:
              network_config:

            -  type: ovs_bridge
                name: br-tenant
                use_dhcp: false
                mtu: 9000
                members:
                  - type: linux_bond
                    name: bond_tenant
                    bonding_options: "mode=802.3ad updelay=1000 miimon=100"
                    use_dhcp: false
                    dns_servers:
                      get_param: DnsServers
                    members:
                    - type: interface
                      name: p1p1
                      primary: true
                    - type: interface
                      name: p1p2
                  - type: vlan
                    device: bond_tenant
                    vlan_id: {get_param: TenantNetworkVlanID}
                    addresses:
                      -
                        ip_netmask: {get_param: TenantIpSubnet}

OVS ユーザースペースブリッジの例を以下に示します。

params:
            $network_config:
              network_config:

          -    type: ovs_user_bridge
                name: br-ex
                use_dhcp: false
                members:
                - type: ovs_dpdk_bond
                  name: dpdkbond0
                  mtu: 2140
                  ovs_options: {get_param: BondInterfaceOvsOptions}
                  #ovs_extra:
                  #- set interface dpdk0 mtu_request=$MTU
                  #- set interface dpdk1 mtu_request=$MTU
                  rx_queue:
                    get_param: NumDpdkInterfaceRxQueues
                  members:
                  - type: ovs_dpdk_port
                    name: dpdk0
                    mtu: 2140
                    members:
                    - type: interface
                      name: p1p1
                  - type: ovs_dpdk_port
                    name: dpdk1
                    mtu: 2140
                    members:
                    - type: interface
                      name: p1p2