Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

13.3. Linux ボンディングのオプション

ネットワークインターフェースのテンプレートにおいて、LACP を Linux ボンディングで使用することができます。

      - type: linux_bond
        name: bond1
        members:
        - type: interface
          name: nic2
        - type: interface
          name: nic3
        bonding_options: "mode=802.3ad lacp_rate=[fast|slow] updelay=1000 miimon=100"
  • mode: LACP を有効にします。
  • lacp_rate: LACP パケットの送信間隔を 1 秒または 30 秒に定義します。
  • updelay: インターフェースをトラフィックに使用する前にそのインターフェースがアクティブである必要のある最低限の時間を定義します (これは、ポートフラッピングによる停止を軽減するのに役立ちます)。
  • miimon: ドライバーの MIIMON 機能を使用してポートの状態を監視する間隔 (ミリ秒単位)。

Linux ボンディングのオプションに関する詳しい情報は、7.7.1 を参照してください。『 Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』の「ボンディングモジュールディレクティブ」 を参照してください