Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

20.5. セキュアな root ユーザーアクセスの使用

オーバークラウドのイメージでは、root ユーザーのセキュリティー強化機能が自動的に含まれます。たとえば、デプロイされる各オーバークラウドノードでは、root ユーザーへの 直接の SSH アクセスを自動的に無効化されます。以下の方法を使用すると、オーバークラウドで root ユーザーにアクセスすることが引き続き可能となります。

  1. アンダークラウドノードに stack ユーザーとしてログインします。
  2. 各オーバークラウドノードには heat-admin ユーザーアカウントがあります。このユーザーアカウントにはアンダークラウドのパブリック SSH キーが含まれており、アンダークラウドからオーバークラウドノードへのパスワード無しの SSH アクセスが可能です。アンダークラウドノードで heat-admin ユーザーとして SSH を介して選択したオーバークラウドノードにログインします。
  3. sudo -iroot ユーザーに切り替えます。

root ユーザーセキュリティーの軽減

状況によっては、root ユーザーに直接 SSH アクセスする必要がある可能性があります。このような場合には、各オーバークラウドノードで root ユーザーの SSH 制限を軽減することが可能です。

警告

この方法は、デバッグのみを目的としています。したがって、実稼働環境での使用は推奨されません。

この方法では、初回ブートの設定フック (「初回起動: 初回起動設定のカスタマイズ」を参照) を使用します。環境ファイルに以下の内容を記載してください。

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeUserData: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/firstboot/userdata_root_password.yaml

parameter_defaults:
  NodeRootPassword: "p@55w0rd!"

以下の点に注意してください。

  • OS::TripleO::NodeUserData リソースは、初回ブートの cloud-init 段階に root ユーザーを設定するテンプレートを参照します。
  • NodeRootPassword パラメーターは root ユーザーのパスワードを設定します。このパラメーターの値は、任意の値に変更してください。環境ファイルには、パスワードはプレーンテキスト形式の文字列として記載されるので、セキュリティーリスクと見なされる点に注意してください。

オーバークラウドの作成時に、openstack overcloud deploy コマンドにこの環境ファイルを追加します。