Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.8. rhsm コンポーザブルサービスを使用したオーバークラウドのデプロイ

このプロセスでは、rhsm の設定をオーバークラウドに適用する方法について説明します。

手順

  1. openstack overcloud deploy コマンドの実行時には、config-download のオプションおよび環境ファイルと、rhsm.yml 環境ファイルを含めてください。

    openstack overcloud deploy \
        <other cli args> \
        -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/config-download-environment.yaml \
        --config-download \
        -e ~/templates/rhsm.yaml

    これにより、Ansible のオーバークラウドの設定と、Ansible ベースの登録が有効化されます。

  2. オーバークラウドのデプロイメントが完了するまで待ちます。
  3. オーバークラウドノードのサブスクリプション情報を確認します。たとえば、コントローラーノードにログインして、以下のコマンドを実行します。

    $ sudo subscription-manager status
    $ sudo subscription-manager list --consumed