Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

2.5. ケイパビリティーマップ

ケイパビリティーマップは、プラン内の環境ファイルとそれらの依存関係のマッピングを提供します。director の Web UI で環境ファイルを記述および有効化するには、このファイルを使用します。オーバークラウドプランで検出されるカスタムの環境ファイルの中で、capabilities-map.yaml にリストされていないファイルは、Web UI の 2 デプロイメントの設定の指定 > 全体の設定Other サブタブに一覧表示されます。

デフォルトのファイルは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/capabilities-map.yaml にあります。

ケイパビリティーマップの構文の例を以下に示します。

topics: 1
  - title: My Parent Section
    description: This contains a main section for different environment files
    environment_groups: 2
      - name: my-environment-group
        title: My Environment Group
        description: A list of environment files grouped together
        environments: 3
          - file: environment_file_1.yaml
            title: Environment File 1
            description: Enables environment file 1
            requires: 4
              - dependent_environment_file.yaml
          - file: environment_file_2.yaml
            title: Environment File 2
            description: Enables environment file 2
            requires: 5
              - dependent_environment_file.yaml
          - file: dependent_environment_file.yaml
            title: Dependent Environment File
            description: Enables the dependent environment file
1
topics パラメーターには、UI のデプロイメント設定内のセクションの一覧が含まれます。各トピックは、環境オプションの単一画面として表示され、複数の環境グループが含まれます。これは、environment_groups パラメーターで定義することができます。各トピックには、プレーンテキストの titledescription を記述することができます。
2
environment_groups パラメーターには、UI のデプロイメント設定内の環境ファイルのグループを一覧表示します。たとえば、ストレージトピックでは、Ceph 関係の環境ファイルの環境グループがある可能性があります。各環境グループには、プレーンテキストの titledescription を記述することができます。
3
environments パラメーターには、環境グループに属する環境ファイルがすべて表示されます。file パラメーターは、環境ファイルの場所です。各環境エントリーには、プレーンテキストで titledescription を記述することができます。
4 5
requires パラメーターは、環境ファイルの依存関係の一覧です。この例では、environment_file_1.yamlenvironment_file_2.yaml にはいずれも dependent_environment_file.yaml を有効化する必要もあります。
注記

Red Hat OpenStack Platform は、このファイルを使用して director UI の機能へのアクセスを追加します。Red Hat OpenStack Platform のバージョンが新しくなると、このファイルは上書きされる可能性があるため、編集しないことを推奨します。