Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第6章 Ansible ベースのオーバークラウド登録

重要

この機能は、本リリースでは テクノロジープレビュー として提供しているため、Red Hat では全面的にはサポートしていません。これは、テスト目的のみでご利用いただく機能で、実稼働環境にデプロイすべきではありません。テクノロジープレビュー機能についての詳しい情報は、「対象範囲の詳細」を参照してください。

5章オーバークラウドの登録rhel-registration の方法の代わりとして、director は Ansible ベースの方法を使用してオーバークラウドノードを Red Hat カスタマーポータルまたは Red Hat Satellite 6 Server に登録することができます。この方法を使用するには、オーバークラウドで Ansible ベースの設定 (config-download) を有効化する必要があります。

6.1. Red Hat Subscription Manager (RHSM) コンポーザブルサービス

rhsm コンポーザブルサービスは、Ansible を介してオーバークラウドノードを登録する方法を提供します。デフォルトの roles_data ファイルの各ロールには、OS::TripleO::Services::Rhsm リソースが含まれており、これはデフォルトで無効になっています。サービスを有効にするには、このリソースを rhsm コンポーザブルサービスのファイルに登録します。たとえば、以下のようになります。

resource_registry:
  OS::TripleO::Services::Rhsm: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/extraconfig/services/rhsm.yaml

rhsm コンポーザブルサービスは RhsmVars パラメーターを受け入れます。これにより、登録に必要な複数のサブパラメーターを定義することができます。たとえば、以下のようになります。

parameter_defaults:
  RhsmVars:
    rhsm_repos:
      - rhel-7-server-rpms
      - rhel-7-server-extras-rpms
      - rhel-7-server-rh-common-rpms
      - rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms
      - rhel-7-server-openstack-13-rpms
      - rhel-7-server-rhceph-3-osd-rpms
      - rhel-7-server-rhceph-3-mon-rpms
      - rhel-7-server-rhceph-3-tools-rpms
    rhsm_activation_key: "my-openstack"
    rhsm_org_id: "1234567"

RhsmVars パラメーターをロール固有のパラメーター (例: ControllerParameters) と共に使用することにより、異なるノードタイプ用の特定のリポジトリーを有効化する場合に柔軟性を提供することもできます。

次の項には、rhsm コンポーザブルサービスで使う RhsmVars パラメーターと共に使用することのできるサブパラメーターの一覧を記載します。