Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第19章 ストレージの設定

本章では、オーバークラウドのストレージオプションの設定方法をいくつか説明します。

重要

デフォルトでは、オーバークラウドは OpenStack Compute (nova) の提供するローカル一時ストレージおよび OpenStack Storage (cinder) の提供する LVM ブロックストレージを使用します。ただし、これらのオプションは、エンタープライズレベルのオーバークラウドではサポートされません。代わりに、本章のストレージオプションのいずれかを使用してください。

19.1. NFS ストレージの設定

本項では、NFS 共有を使用するオーバークラウドの設定方法について説明します。インストールおよび設定のプロセスは、コア heat テンプレートコレクション内にすでに存在する環境ファイルの変更がベースとなります。

重要

Red Hat では、認定済みのストレージバックエンドおよびドライバーを使用することを推奨します。Red Hat では、汎用 NFS バックエンドの NFS を使用することを推奨していません。認定済みのストレージバックエンドおよびドライバーと比較すると、その機能に制限があるためです。たとえば、汎用 NFS バックエンドは、ボリュームの暗号化やボリュームのマルチアタッチなどの機能をサポートしません。サポート対象のドライバーについての情報は、Red Hat Ecosystem Catalog を参照してください。

注記

director のさまざまな heat パラメーターにより、NFS バックエンドまたは NetApp NFS Block Storage バックエンドが NetApp 機能 (NAS secure と呼ばれる) をサポートするかどうかが制御されます。

  • CinderNetappNasSecureFileOperations
  • CinderNetappNasSecureFilePermissions
  • CinderNasSecureFileOperations
  • CinderNasSecureFilePermissions

通常のボリューム操作に干渉するため、Red Hat では、この機能を有効にすることを推奨していません。director はデフォルトでこの機能を無効にするため、Red Hat OpenStack Platform はこの機能をサポートしません。

注記

Block Storage サービスおよび Compute サービスには、NFS バージョン 4.0 以降を使用する必要があります。

コア Heat テンプレートコレクションの /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ には一連の環境ファイルが格納されています。これらの環境ファイルを使用すると、director が作成したオーバークラウドにおいて、一部のサポート対象機能のカスタム設定を作成することができます。これには、ストレージを設定するための環境ファイルが含まれます。このファイルは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/storage-environment.yaml に保管されています。

  1. このファイルを stack ユーザーのテンプレートディレクトリーにコピーします。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/storage-environment.yaml ~/templates/.
  2. 以下のパラメーターを変更してください。

    CinderEnableIscsiBackend
    iSCSI バックエンドを有効にするパラメーター。false に設定します。
    CinderEnableRbdBackend
    Ceph Storage バックエンドを有効にするパラメーター。false に設定します。
    CinderEnableNfsBackend
    NFS バックエンドを有効にするパラメーター。true に設定します。
    NovaEnableRbdBackend
    Nova エフェメラルストレージ用に Ceph Storage を有効にするパラメーター。false に設定します。
    GlanceBackend
    glance に使用するバックエンドを定義するパラメーター。イメージ用にファイルベースストレージを使用するには file に設定します。オーバークラウドは、glance 用にマウントされた NFS 共有にこれらのファイルを保存します。
    CinderNfsMountOptions
    ボリュームストレージ用の NFS マウントオプション
    CinderNfsServers
    ボリュームストレージをマウントするための NFS 共有。たとえば、192.168.122.1:/export/cinder と設定します。
    GlanceNfsEnabled
    GlanceBackendfile に設定すると、GlanceNfsEnabled によりイメージが NFS 経由で共有の場所に保管されます。これにより、すべてのコントローラーノードがイメージにアクセスすることができます。無効にすると、オーバークラウドはイメージをコントローラーノードのファイルシステムに保管します。true に設定します。
    GlanceNfsShare
    イメージストレージをマウントするための NFS 共有。たとえば、192.168.122.1:/export/glance と設定します。
    GlanceNfsOptions

    イメージストレージ用の NFS マウントオプション

    この環境ファイルには、Red Hat OpenStack Platform Block Storage (cinder) サービスおよび Image (glance) サービス用に、さまざまなストレージオプションを設定するパラメーターが含まれます。以下の例で、オーバークラウドが NFS 共有を使用するように設定する方法を説明します。

    環境ファイルのオプションは、以下のようになるはずです。

    parameter_defaults:
      CinderEnableIscsiBackend: false
      CinderEnableRbdBackend: false
      CinderEnableNfsBackend: true
      NovaEnableRbdBackend: false
      GlanceBackend: file
    
      CinderNfsMountOptions: rw,sync,context=system_u:object_r:cinder_var_lib_t:s0
      CinderNfsServers: 192.0.2.230:/cinder
    
      GlanceNfsEnabled: true
      GlanceNfsShare: 192.0.2.230:/glance
      GlanceNfsOptions: rw,sync,context=system_u:object_r:glance_var_lib_t:s0

    これらのパラメーターは、Heat テンプレートコレクションの一部として統合されます。パラメーターを上記のコード例のように設定すると、使用する Block Storage サービスおよび Image サービス用に NFS マウントポイントが 2 つ作成されます。

    重要

    Image サービスが /var/lib ディレクトリーにアクセスできるようにするには、GlanceNfsOptions パラメーターに context=system_u:object_r:glance_var_lib_t:s0 オプションを追加します。この SELinux コンテンツがないと、Image サービスはマウントポイントに書き込みを行うことができません。

  3. オーバークラウドをデプロイする際に、このファイルを追加します。