Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

3.6. 変更するパラメーターの特定

Red Hat OpenStack Platform director は、設定用のパラメーターを多数提供しています。場合によっては、設定すべき特定のオプションとそれに対応する director のパラメーターを特定するのが困難なことがあります。director でオプションを設定するには、以下のワークフローに従ってオプションを確認し、特定のオーバークラウドパラメーターにマップしてください。

  1. 設定するオプションを特定します。そのオプションを使用するサービスを書き留めておきます。
  2. このオプションに対応する Puppet モジュールを確認します。Red Hat OpenStack Platform 用の Puppet モジュールは director ノードの /etc/puppet/modules にあります。各モジュールは、特定のサービスに対応しています。たとえば、keystone モジュールは OpenStack Identity (keystone) に対応しています。

    • 選択したオプションを制御する変数が Puppet モジュールに含まれている場合には、次のステップに進んでください。
    • Puppet モジュールに選択したオプションを制御する変数が含まれていない場合には、そのオプションには hieradata は存在しません。可能な場合には、オーバークラウドがデプロイメントを完了した後でオプションを手動で設定することができます。
  3. director のコア Heat テンプレートコレクションに hieradata 形式の Puppet 変数が含まれているかどうかを確認します。puppet/services/* は通常、同じサービスの Puppet モジュールに対応します。たとえば、puppet/services/keystone.yaml テンプレートは、keystone モジュールの hieradata を提供します。

    • Heat テンプレートが Puppet 変数用の hieradata を設定している場合には、そのテンプレートは変更する director ベースのパラメーターも開示する必要があります。
    • Heat テンプレートが Puppet 変数用の hieradata を設定していない場合には、環境ファイルを使用して、設定フックにより hieradata を渡します。hieradata のカスタマイズに関する詳しい情報は、「Puppet: ロール用 hieradata のカスタマイズ」を参照してください。
重要

同じカスタム hieradata ハッシュの複数のインスタンスを定義しないでください。同じカスタム hieradata の複数のインスタンスにより、Puppet の実行中に競合が発生する可能性があり、設定オプションに予期しない値が設定されます。

ワークフローの例

OpenStack Identity (keystone) の通知の形式を変更する必要がある場合があります。ワークフローを使用して、以下の操作を行います。

  1. 設定すべき OpenStack パラメーターを特定します (notification_format)。
  2. keystone Puppet モジュールで notification_format の設定を検索します。たとえば、以下のようになります。

    $ grep notification_format /etc/puppet/modules/keystone/manifests/*

    この場合は、keystone モジュールは keystone::notification_format の変数を使用してこのオプションを管理します。

  3. keystone サービステンプレートでこの変数を検索します。たとえば、以下のようになります。

    $ grep "keystone::notification_format" /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/puppet/services/keystone.yaml

    このコマンドの出力には、director が KeystoneNotificationFormat パラメーターを使用して keystone::notification_format hieradata を設定していると表示されます。

最終的なマッピングは、以下の表のとおりです。

director のパラメーターPuppet HieradataOpenStack Identity (keystone) のオプション

KeystoneNotificationFormat

keystone::notification_format

notification_format

これは、オーバークラウドの環境ファイルの KeystoneNotificationFormat を設定すると、オーバークラウドの設定中に keystone.conf ファイルの notification_format オプションが設定されることを意味します。