Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

17.4.4. IdM サブドメインを使用するデプロイメントのアンダークラウドインテグレーションの設定

以下の手順では、IdM サブドメインを使用するデプロイメントのアンダークラウドインテグレーションを設定する方法について説明します。

Red Hat OpenStack Platform は novajoin を使用して Red Hat Identity Management(IdM)と統合し、暗号化証明書を発行および管理します。以下の手順では、アンダークラウドを IdM に登録し、トークンを生成し、アンダークラウド設定でトークンを有効にしてから、アンダークラウドおよびオーバークラウドのデプロイメントスクリプトを再実行します。以下に例を示します。

  1. IdM との統合のために python-novajoin をインストールします。

    [stack@undercloud-0 ~]$
  2. novajoin 設定スクリプトを実行し、IdM デプロイメントの設定情報を指定します。以下に例を示します。

    [stack@undercloud-0 ~]$ sudo novajoin-ipa-setup --principal admin --password ComplexRedactedPassword \
      --server ipa.lab.local --realm lab.local --domain lab.local \
      --hostname undercloud-0.site1.lab.local --precreate
    ...
    0Uvua6NyIWVkfCSTOmwbdAobsqGH2GONRJrW24MoQ4wg

    この出力には、IdM のワンタイムパスワード (OTP) が含まれますが、この値はご自分のデプロイメントとは異なります。

  3. novajoin を使用するようにアンダークラウドを設定し、OTP、DNS および NTP 用の IdM IP、およびオーバークラウドドメインを追加します。

    [stack@undercloud ~]$ vi undercloud.conf
    …
    [DEFAULT]
    undercloud_ntp_servers=X.X.X.X
    hieradata_override = /home/stack/hiera_override.yaml
    enable_novajoin = true
    ipa_otp = 0Uvua6NyIWVkfCSTOmwbdAobsqGH2GONRJrW24MoQ4wg
    undercloud_hostname = undercloud-0.site1.lab.local
    undercloud_nameservers = X.X.X.X
    overcloud_domain_name = site1.lab.local
    ...
  4. novajoin を使用するようにアンダークラウドを設定し、OTP、DNS 用の IdM IP、およびオーバークラウドドメインを追加します。

    [stack@undercloud-0 ~]$ vi hiera_override.yaml
    nova::metadata::novajoin::api::ipa_domain: site1.lab.local
    ...
  5. アンダークラウドに novajoin サービスをインストールします。

    [stack@undercloud ~]$ openstack undercloud install
  6. オーバークラウドの IP アドレスを DNS に追加します。実際のデプロイメントに合わせて、この例を修正する必要があります。

    注記: オーバークラウドの network-environment.yaml をチェックして、各ネットワークの範囲内の仮想 IP アドレスを選択します。

    [root@ipa ~]$ ipa dnsrecord-add site1.lab.local overcloud --a-rec=10.0.0.101
    [root@ipa ~]# ipa dnszone-add site1.ctlplane.lab.local
    [root@ipa ~]# ipa dnsrecord-add site1.ctlplane.lab.local overcloud --a-rec 192.168.24.101
    [root@ipa ~]# ipa dnszone-add site1.internalapi.lab.local
    [root@ipa ~]# ipa dnsrecord-add site1.internalapi.lab.local overcloud --a-rec 172.17.1.101
    [root@ipa ~]# ipa dnszone-add site1.storage.lab.local
    [root@ipa ~]# ipa dnsrecord-add site1.storage.lab.local overcloud --a-rec 172.17.3.101
    [root@ipa ~]# ipa dnszone-add site1.storagemgmt.lab.local
    [root@ipa ~]# ipa dnsrecord-add site1.storagemgmt.lab.local overcloud --a-rec 172.17.4.101
  7. それぞれのエンドポイントに public_vip.yaml マッピングを作成します。以下に例を示します。

    Parameter_defaults:
        PublicVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'10.0.0.101'}]
        ControlFixedIPs: [{'ip_address':'192.168.24.101'}]
        InternalApiVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.17.1.101'}]
        StorageVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.17.3.101'}]
        StorageMgmtVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.17.4.101'}]
        RedisVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.17.1.102'}]
  8. それぞれのエンドポイントについて extras.yaml マッピングを作成します。以下に例を示します。

    parameter_defaults:
      MakeHomeDir: True
      IdMNoNtpSetup: false
      IdMDomain: redhat.local
      DnsSearchDomains: ["site1.redhat.local","redhat.local"]