Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

コンピュートインスタンスの高可用性

Red Hat OpenStack Platform 13

コンピュートインスタンスの高可用性の設定

OpenStack Documentation Team

概要

Red Hat OpenStack Platform でコンピュートインスタンスの高可用性 (インスタンス HA) を構成するためのガイドです。本書では、Ansible を使用したインスタンス HA の有効化を中心に記載しています。

第1章 概要

本ガイドでは、インスタンスの高可用性 (インスタンス HA) を管理する方法について説明します。インスタンス HA が設定された Red Hat OpenStack Platform では、ホストコンピュートノードに障害が発生した場合に、インスタンスを自動的に退避させ別のコンピュートノードに作成し直すことができます。

インスタンス HA がトリガーとなる退避プロセスは、ユーザーが手動で実施できる操作 (詳細は『インスタンス&イメージガイド』の「インスタンスの退避」を参照) と類似しています。

インスタンス HAは、共有ストレージまたはローカルストレージ環境で機能します。したがって、インスタンスを新たに作成した場合でも、退避したインスタンスは新しいホスト内で同じネットワーク設定 (静的 IP、Floating IP 等) および同じ特性を維持します。

インスタンス HA は以下のリソースエージェントにより管理されます。

エージェント名クラスター内での名前ロール

fence_compute

fence-nova

コンピュートノードが使用不能になった場合に、退避のためにそのノードをマーキングする。

NovaEvacuate

nova-evacuate

障害が発生したノードからインスタンスを退避させる。このエージェントは、コントローラーノードのいずれかで動作します。

Dummy

compute-unfence-trigger

フェンシングされたノードを解放し、再びインスタンスを実行できるようにする。

第2章 インスタンス HA の仕組み

OpenStack では、インスタンス HA を使用して、障害が発生したコンピュートノードからのインスタンス退避プロセスを自動化しています。コンピュートノードの障害がトリガーとなり実施されるイベントのシーケンスを、以下の手順で説明します。

  1. 障害が発生すると、IPMI エージェントが 第一レイヤーのフェンシング を実施し、確実に電源オフの状態にするためにノードを物理的にリセットします。オンライン状態のコンピュートノードからインスタンスを退避させると、データが破損したりオーバークラウド上で複数の同一インスタンスが実行されたりする場合があります。ノードの電源がオフである場合、フェンシング済み とみなされます。
  2. IPMI による物理的なフェンシングの後に、fence-nova エージェントが 第二レイヤーのフェンシング を実施し、フェンシング済みのノードを属性 “evacuate=yes” でマーキングします (この属性は、ノードごとに設定する必要があります)。そのために、エージェントは以下のコマンドを実行します。

    $ attrd_updater -n evacuate -A name="evacuate" host="FAILEDHOST" value="yes"

    ここで、FAILEDHOST は障害が発生したコンピュートノードのホスト名です。

  3. nova-evacuate エージェントは常にバックグラウンドで動作し、クラスターに “evacuate=yes” 属性のノードがないか定期的に確認します。nova-evacuate がこの属性のフェンシング済みノードを検出すると、エージェントはノードからの全インスタンスの退避を開始します (退避のプロセスについては『インスタンス&イメージガイド』の「インスタンスの退避」 を参照)。
  4. 障害が発生したノードが IPMI によるリセットから復帰する間、そのノードの nova-compute プロセスが自動的に開始されます。ノードは前のステップでフェンシングされているので、Pacemaker が フェンシングを解除する まで新しいインスタンスを実行しません。
  5. コンピュートノードが再びオンライン状態にあることを Pacemaker が把握すると、ノードの compute-unfence-trigger リソースの起動を試み、force-down API の呼び出しを取り消してノードを再び有効な状態に設定します。

2.1. 退避させる特定インスタンスの指定

デフォルトでは、すべてのインスタンスを退避させますが、退避用のイメージまたはフレーバーをタグ付けすることもできます。

イメージをタグ付けするには、以下のコマンドを実行します。

$ openstack image set --tag evacuable ID-OF-THE-IMAGE

フレーバーをタグ付けするには、以下のコマンドを実行します。

$ nova flavor-key ID-OF-THE-FLAVOR set evacuable=true

第3章 インスタンス HA のインストールと設定

インスタンス HA は director でデプロイおよび設定されます。ただし、デプロイメントの準備のために、いくつかの追加ステップを実施する必要があります。

本項では、カスタムロールを使用してコンピュートノードのサブセットでインスタンス HA を有効化することを目的に、新しいオーバークラウドで新しいインスタンス HA デプロイメントを設定するために必要なすべての手順について説明します。

重要
  • 標準のロールまたはカスタムロールを使用する既存のオーバークラウド等、別の環境でインスタンス HA を有効化する場合には、デプロイメントに関連する手順のみに従い、テンプレートを適切に変更します。
  • インストール後の director でのインスタンス HA の無効化はサポートされていません。デプロイメントからインスタンス HA コンポーネントを手動で削除する回避策は、「How can I remove Instance HA components from the controller nodes?」 の記事を参照してください。この回避策は、そのまま提供されます。実稼働環境で実装する前に、テスト環境で手順を検証する必要があります。

オーバークラウドのデプロイに関する一般的な情報は、「director のインストールと使用方法」 ガイドを参照してください。カスタムロールの詳細は、「コンポーザブルサービスとカスタムロール」 を参照してください。

インスタンス HA ロール、フレーバー、およびプロファイルの設定

  1. ロールデータファイルに ComputeInstanceHA ロールを追加し、ファイルを再生成します。以下に例を示します。

    $ openstack overcloud roles generate -o ~/my_roles_data.yaml Controller Compute ComputeInstanceHA

    ComputeInstanceHA ロールには、デフォルトの Compute ロールの全サービスに加えて、ComputeInstanceHA および PacemakerRemote サービスが含まれます。カスタムロールおよび roles-data.yaml に関する一般的な情報は、 『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』 ガイドの 「ロール」 セクションを参照してください。

  2. インスタンス HA に指定するコンピュートノードにタグ付けする compute-instance-ha フレーバーを作成します。以下に例を示します。

    $ source ~/stackrc
    $ openstack flavor create --id auto --ram 6144 --disk 40 --vcpus 4 compute-instance-ha
    $ openstack flavor set --property "cpu_arch"="x86_64" --property "capabilities:boot_option"="local" --property "capabilities:profile"="compute-instance-ha" compute-instance-ha
  3. インスタンス HA に指定する各コンピュートノードに compute-instance-ha プロファイルをタグ付けします。

    $ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:compute-instance-ha,boot_option:local' <NODE UUID>
  4. 以下の内容で環境ファイルを作成して、ComputeInstanceHA ロールを compute-instance-haフレーバーにマッピングします。

    parameter_defaults:
      OvercloudComputeInstanceHAFlavor: compute-instance-ha

フェンシングの有効化

  1. フェンシング情報を定義した環境ファイルを作成して、オーバークラウドの全コントローラーノードおよびコンピュートノードのフェンシングを有効にします。必ずアクセス可能な場所に環境ファイルを作成してください (~/templates 等)。以下に例を示します。

    parameter_defaults:
      EnableFencing: true
      FencingConfig:
        devices:
        - agent: fence_ipmilan
          host_mac: 00:ec:ad:cb:3c:c7
          params:
            login: admin
            ipaddr: 192.168.24.1
            ipport: 6230
            passwd: password
            lanplus: 1
        - agent: fence_ipmilan
          host_mac: 00:ec:ad:cb:3c:cb
          params:
            login: admin
            ipaddr: 192.168.24.1
            ipport: 6231
            passwd: password
            lanplus: 1
        - agent: fence_ipmilan
          host_mac: 00:ec:ad:cb:3c:cf
          params:
            login: admin
            ipaddr: 192.168.24.1
            ipport: 6232
            passwd: password
            lanplus: 1
        - agent: fence_ipmilan
          host_mac: 00:ec:ad:cb:3c:d3
          params:
            login: admin
            ipaddr: 192.168.24.1
            ipport: 6233
            passwd: password
            lanplus: 1
        - agent: fence_ipmilan
          host_mac: 00:ec:ad:cb:3c:d7
          params:
            login: admin
            ipaddr: 192.168.24.1
            ipport: 6234
            passwd: password
            lanplus: 1

    フェンシングおよび STONITH 設定に関する詳細は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』 ガイドの 「コントローラーノードのフェンシング」 セクションを参照してください。

  2. デフォルトでは、インスタンス HA は共有ストレージを使用します。共有ストレージがコンピュートインスタンス用に設定されていない場合には、前の手順で作成した環境ファイルに以下のパラメーターを追加します。

    parameter_defaults:
      ExtraConfig:
        tripleo::instanceha::no_shared_storage: true

    インスタンスのディスクイメージ用に共有ストレージを設定するのではなく、OpenStack Block Storage (cinder) ボリュームから起動する方法は、「共有ストレージに関する注意事項」 を参照してください。

オーバークラウドをデプロイします。

作成したすべての環境ファイルのほか、compute-instanceha.yaml 環境ファイル用に、-e オプションを指定して openstack overcloud deploy コマンドを実行します。以下に例を示します。

$ openstack overcloud deploy --templates \
  -e <FLAVOR_ENV_FILE> \
  -e <FENCING_ENV_FILE> \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/compute-instanceha.yaml
注記
  • compute-instanceha.yaml 環境ファイルは変更しないでください。
  • オーバークラウドデプロイメントに追加する各環境ファイルへのパスを含めるようにしてください。
  • アンダーグラウンドの作成後は、いつでもオーバークラウドにインスタンス HA を設定することができます。オーバークラウドをすでにデプロイしている場合は、新しいインスタンス HA ファイルで overcloud deploy コマンドを再実行する必要があります。

デプロイメントが完了すると、それぞれのコンピュートノードには STONITH デバイスおよび GuestNode サービスが含まれます。

3.1. 共有ストレージに関する注意事項

一般的に、インスタンス HA ではインスタンスのディスクイメージ用に共有ストレージを設定する必要があります。したがって、no-shared-storage オプションの使用を試みると、退避中に InvalidSharedStorage エラーが表示され、インスタンスが別のコンピュートノードで起動しなくなります。

ただし、すべてのインスタンスが OpenStack Block Storage (cinder) ボリュームから起動するように設定されている場合には、インスタンスのディスクイメージ用に共有ストレージを設定する必要はないので、no-shared-storage オプションを使用してすべてのインスタンスを退避させることができます。

インスタンスが Block Storage ボリュームから起動するように設定されている場合には、退避したインスタンスは別のコンピュートノード上の同じボリュームから起動するはずです。したがって、OS イメージおよびアプリケーションデータが OpenStack Block Storage ボリュームに保管されているので、退避したインスタンスは直ちにジョブを再開します。

第4章 インスタンス HA による退避のテスト

警告

以下の手順では、コンピュートノードを故意にクラッシュさせます。これにより、意図的にインスタンス HA によるインスタンスの自動退避を実行させます。

  1. テスト用インスタンスをホストするコンピュートノードをクラッシュさせる前に、オーバークラウド上でインスタンスを 1 つ以上起動します。

    stack@director $ . overcloudrc
    stack@director $ nova boot --image cirros --flavor 2 test-failover
    stack@director $ nova list --fields name,status,host
  2. compute-n フォーマットを使用して、インスタンスをホストするコンピュートノードにログインします。

    stack@director $ . stackrc
    stack@director $ ssh -l heat-admin compute-n
    heat-admin@compute-n $
  3. コンピュートノードをクラッシュさせます。

    heat-admin@compute-n $ echo c > /proc/sysrq-trigger
  4. 数分待ってから、これらのインスタンスが別のコンピュートノード上で作成し直されていることを確認します。

    stack@director $ nova list --fields name,status,host
    stack@director $ nova service-list

第5章 以前のバージョンからのインスタンス HA の無効化

以前のバージョンから Red Hat OpenStack Platform 13 にアップグレードする場合には、アップグレードの前に手動でインスタンス HA を無効にする必要があります。これには、メジャーおよびマイナーアップグレードならびに Fast Forward Upgrade が含まれます。

注記

Red Hat OpenStack Platform 13 以降では、director を使用してインスタンス HA のインストールおよびアップグレードを行います。バージョン 13 からそれ以降のバージョンにアップグレードする場合は、手動によるロールバックは必要ありません。

STONITH デバイスを使用しないインスタンス HA の無効化

STONITH デバイスなしでデプロイされたインスタンス HA を無効化するには、アンダークラウドで stack ユーザーとして以下のコマンドを実行します。

stack@director $ ansible-playbook /home/stack/ansible-instanceha/playbooks/overcloud-instance-ha.yml \
-e release="[rhos-NN]" -e instance_ha_action="uninstall"

"[rhos-NN]" フィールドの値を OpenStack Platform の実際のバージョンに置き換えます。例: "rhos-10"

STONITH デバイスを使用したインスタンス HA の無効化

インスタンス HA をデプロイする際に stonith_devices オプションを使用している場合には、インスタンス HA を無効にする際にこのオプションを指定する必要があります。たとえば、インスタンス HA 設定で STONITH デバイスを除外している場合には、以下のコマンド構文を使用します。

stack@director $ ansible-playbook /home/stack/ansible-instanceha/playbooks/overcloud-instance-ha.yml \
-e release="[rhos-NN]" -e instance_ha_action="uninstall" -e stonith_devices=”none”

"[rhos-NN]" フィールドの値を OpenStack Platform の実際のバージョンに置き換えます。例: "rhos-10"

法律上の通知

Copyright © 2020 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。