前書き

Red Hat OpenStack Platform は、Red Hat Enterprise Linux をベースとして、プライベートまたはパブリックの Infrastructure-as-a-Service (IaaS) クラウドを構築するための基盤を提供します。これにより、スケーラビリティーが極めて高く、耐障害性に優れたプラットフォームをクラウド対応のワークロード開発にご利用いただくことができます。

本ガイドは、永続ストレージの作成と管理の手順を説明します。OpenStack では、永続ストレージは主に 3 つのサービスで提供されます。

  • Block Storage (openstack-cinder)
  • Object Storage (openstack-swift)
  • Shared File Systems ストレージ (openstack-manila)

これらのサービスは、異なる種別の永続ストレージを提供します。それぞれのストレージは、異なるユースケースで独自の利点があります。本ガイドでは、一般的なエンタープライズストレージ要件に対する各ストレージの適合性について説明します。

OpenStack Dashboard またはコマンドラインクライアントを使用してクラウドストレージの管理を行うことができます。大半の手順は、これらのいずれかの方法を使用することができますが、一部の高度な手順はコマンドラインのみで実行可能となっています。本ガイドでは、可能な場合には Dashboard を使用する手順を記載しています。

注記

Red Hat OpenStack Platform の全ドキュメントスイートは Red Hat OpenStack Platform の製品ドキュメントで参照してください。

重要

本ガイドでは、crudini を使用してカスタムのサービス設定を適用する方法について説明します。そのため、crudini パッケージを最初にインストールする必要があります。

# yum install crudini -y

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。