第8章 Red Hat OpenStack Platform および OpenDaylight に関する参考資料

コンポーネント参考資料

OpenDaylight

本書に記載されていない詳しい情報については、OpenDaylight Carbon の ドキュメント を参照してください。

Red Hat OpenDaylight Product Guide

Red Hat OpenDaylight と、Red Hat OpenStack Platform との関係についての詳しい情報は、『Red Hat OpenDaylight Product Guide』を参照してください。

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat OpenStack Platform は Red Hat Enterprise Linux 7.4 でサポートされています。Red Hat Enterprise Linux のインストールに関する情報は、『Red Hat Enterprise Linux インストールガイド』を参照してください。

Red Hat OpenStack Platform

OpenStack のコンポーネントとそれらの依存関係をインストールするには、Red Hat OpenStack Platform director を使用します。director は基本的な OpenStack アンダークラウドとして使用して、OpenStack ノードを最終的なオーバークラウド内にプロビジョニングして管理します。デプロイしたオーバークラウドに必要な環境に加えて、アンダークラウドをインストールするための追加のホストマシンが 1 台必要となる点に注意してください。詳しい手順は、 『Red Hat OpenStack Platform director のインストールと使用方法』を参照してください。

Red Hat OpenStack Platform director を使用した、Red Hat OpenStack Platform エンタープライズ環境向けの高度な機能 (例: ネットワーク分離、ストレージ設定、SSL 通信、全般的な設定方法) の設定に関する情報は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』を参照してください。

NFV のドキュメント

NFV を実装する Red Hat OpenStack Platform のデプロイメントに関する詳しい情報は、『ネットワーク機能仮想化 (NFV) のプランニングおよび設定ガイド』を参照してください。