第2章 OpenDaylight を実行するための要件

以下の項には、OpenDaylight を使用するオーバークラウドのデプロイに必要な要件の一覧を記載します。Red Hat OpenDaylight を正しくインストールして実行するには、十分なコンピューティングリソースが必要です。以下に最小要件を示します。

2.1. コンピュートノードの要件

コンピュートノードは、仮想マシンインスタンスが起動した後にそれらを稼働させる役割を果たします。全コンピュートノードが、ハードウェアの仮想化をサポートしている必要があります。また、ホストする仮想マシンインスタンスの要件をサポートするのに十分なメモリーとディスク容量も必要です。

プロセッサー

Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする 64 ビットのプロセッサーで Intel VT または AMD-V のハードウェア仮想化拡張機能が有効化されていること。このプロセッサーには最小でも 4 つのコアが搭載されていることを推奨しています。

メモリー

最小で 6 GB のメモリー。これに、仮想マシンインスタンスに割り当てるメモリー容量に基づいて、追加の RAM を加算します。

ディスク容量

最小 40 GB の空きディスク領域

ネットワークインターフェースカード

最小 1 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード (実稼働環境では最低でも NIC を 2 枚使用することを推奨)。ボンディングインターフェース向けの場合や、タグ付けされた VLAN トラフィックを委譲する場合には追加のネットワークインターフェースを使用します。詳しくは、Red Hat OpenStack Platform でサポートされている NIC の一覧 を参照してください。

電源管理

各コントローラーノードには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。

2.2. コントローラーノードの要件

コントローラーノードは、Red Hat OpenStack Platform 環境の中核となるサービス (例: Horizon Dashboard、バックエンドのデータベースサーバー、Keystone 認証、高可用性サービスなど) をホストする役割を果たします。

プロセッサー

Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする 64 ビットのプロセッサー

メモリー

最小のメモリー容量は 20 GB です。推奨のメモリー容量は、CPU のコア数により異なります。以下の計算を参考にしてください。

コントローラーの最小 RAM の計算: 1 コアあたり 1.5 GB のメモリーを使用します。たとえば、コアが 48 個あるマシンには、72 GB の RAM が必要です。

コントローラーの 推奨 RAM の計算: 1 コアあたり 3 GB のメモリーを使用します。たとえば、コアが 48 個あるマシンには、144 GB の RAM が必要です。必要なメモリーの算出についての詳しい情報は、Red Hat カスタマーポータルで 「Red Hat OpenStack Platform Hardware Requirements for Highly Available Controllers」を参照してください。

ディスク容量

最小 40 GB の空きディスク領域

ネットワークインターフェースカード

最小 2 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード。タグ付けされた VLAN トラフィックを委譲する場合や、ボンディングインターフェース向けの場合には追加のネットワークインターフェースを使用します。

電源管理

各コントローラーノードには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。