付録B 電源管理ドライバー

IPMI は、director が電源管理制御に使用する主要な手法ですが、director は他の電源管理タイプもサポートします。この付録では、サポートされる電源管理機能の一覧を提供します。「オーバークラウドへのノードの登録」には、以下の電源管理設定を使用します。

B.1. Dell Remote Access Controller (DRAC)

DRAC は、電源管理やサーバー監視などの帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。

pm_type
このオプションは pxe_drac に設定します。
pm_user; pm_password
DRAC のユーザー名およびパスワード
pm_addr

DRAC ホストの IP アドレス

  • このドライバーを有効化するには、undercloud.conf ファイルの enabled_drivers オプションに pxe_drac を追加してから、openstack undercloud install コマンドを再実行します。

B.2. Integrated Lights-Out (iLO)

Hewlett-Packard の iLO は、電源管理やサーバー監視などの帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。

pm_type
このオプションは pxe_ilo に設定します。
pm_user; pm_password
iLO のユーザー名およびパスワード
pm_addr

iLO インターフェースの IP アドレス

  • このドライバーを有効化するには、undercloud.conf ファイルの enabled_drivers オプションに pxe_ilo を追加してから、openstack undercloud install コマンドを再実行します。
  • また director では、iLO 向けに追加のユーティリティーセットが必要です。python-proliantutils パッケージをインストールして openstack-ironic-conductor サービスを再起動します。

    $ sudo yum install python-proliantutils
    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-conductor.service
  • HP ノードは、正常にイントロスペクションするには 2015 年のファームウェアバージョンが必要です。ファームウェアバージョン 1.85 (2015 年 5 月 13 日) を使用したノードで、director は正常にテストされています。
  • 共有 iLO ポートの使用はサポートされません。

B.3. Cisco Unified Computing System (UCS)

Cisco の UCS は、コンピュート、ネットワーク、ストレージのアクセス、仮想化リソースを統合するデータセンタープラットフォームです。このドライバーは、UCS に接続されたベアメタルシステムの電源管理を重視しています。

pm_type
このオプションは pxe_ucs に設定します。
pm_user; pm_password
UCS のユーザー名およびパスワード
pm_addr
UCS インターフェースの IP アドレス
pm_service_profile

使用する UCS サービスプロファイル。通常 org-root/ls-[service_profile_name] の形式を取ります。たとえば、以下のとおりです。

"pm_service_profile": "org-root/ls-Nova-1"
  • このドライバーを有効化するには、undercloud.conf ファイルの enabled_drivers オプションに pxe_ucs を追加してから、openstack undercloud install コマンドを再実行します。
  • また director では、iLO 向けに追加のユーティリティーセットが必要です。python-UcsSdk パッケージをインストールして openstack-ironic-conductor サービスを再起動します。

    $ sudo yum install python-UcsSdk
    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-conductor.service

B.4. Fujitsu Integrated Remote Management Controller (iRMC)

Fujitsu の iRMC は、LAN 接続と拡張された機能を統合した Baseboard Management Controller (BMC) です。このドライバーは、iRMC に接続されたベアメタルシステムの電源管理にフォーカスしています。

重要

iRMC S4 以降のバージョンが必要です。

pm_type
このオプションを pxe_irmc に設定します。
pm_user; pm_password
iRMC インターフェースのユーザー名とパスワード
pm_addr
iRMC インターフェースの IP アドレス
pm_port (オプション)
iRMC の操作に使用するポート。デフォルトは 443 です。
pm_auth_method (オプション)
iRMC 操作の認証方法。basic または digest を使用します。デフォルトは basic です。
pm_client_timeout (オプション)
iRMC 操作のタイムアウト (秒単位)。デフォルトは 60 秒です。
pm_sensor_method (オプション)

センサーデータの取得方法。ipmitool または scci です。デフォルトは ipmitool です。

  • このドライバーを有効化するには、undercloud.conf ファイルの enabled_drivers オプションに pxe_irmc を追加してから、openstack undercloud install コマンドを再実行します。
  • センサーの方法として SCCI を有効にした場合には、director には、追加のユーティリティーセットも必要です。python-scciclient パッケージをインストールして、openstack-ironic-conductor サービスを再起動します。

    $ yum install python-scciclient
    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-conductor.service

B.5. Virtual Baseboard Management Controller (VBMC)

director は仮想マシンを KVM ホスト上のノードとして使用することができます。エミュレーションされた IPMI デバイスを使用して電源管理を制御します。これにより、「オーバークラウドへのノードの登録」からの標準の IPMI パラメーターを使用することができますが、仮想ノードに対して使用することになります。

重要

このオプションでは、ベアメタルノードの代わりに仮想マシンを使用するので、テストおよび評価の目的でのみ利用することができます。Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨しません。

KVM ホストの設定

KVM ホスト上で、OpenStack Platform リポジトリーを有効化して python-virtualbmc パッケージをインストールします。

$ sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-openstack-12-rpms
$ sudo yum install -y python-virtualbmc

vbmc コマンドを使用して、各仮想マシン用に仮想 Baseboard Management Controller (BMC) を作成します。たとえば、Node01 および Node02 という名前の仮想マシンに BMC を作成する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ vbmc add Node01 --port 6230 --username admin --password p455w0rd!
$ vbmc add Node02 --port 6231 --username admin --password p455w0rd!

これにより、各 BMC にアクセスするポートが定義され、各 BMC の認証情報が設定されます。

注記

仮想マシンごとに異なるポートを使用してください。1025 未満のポート番号には、システムの root 権限が必要です。

以下のコマンドで各 BMC を起動します。

$ vbmc start Node01
$ vbmc start Node02
注記

KVM ホストの再起動後には、このステップを繰り返す必要があります。

ノードの登録

ノードの登録ファイル (/home/stack/instackenv.json) で以下のパラメーターを使用します。

pm_type
このオプションを pxe_ipmitool に設定します。
pm_user; pm_password
ノードの仮想 BMC デバイスの IPMI ユーザー名とパスワード
pm_addr
ノードが含まれている KVM ホストの IP アドレス
pm_port
KVM ホスト上の特定のノードにアクセスするポート
mac
ノード上のネットワークインターフェースの MAC アドレス一覧。各システムのプロビジョニング NIC の MAC アドレスのみを使用します。

例:

{
  "nodes": [
    {
      "pm_type": "pxe_ipmitool",
      "mac": [
        "aa:aa:aa:aa:aa:aa"
      ],
      "pm_user": "admin",
      "pm_password": "p455w0rd!",
      "pm_addr": "192.168.0.1",
      "pm_port": "6230",
      "name": "Node01"
    },
    {
      "pm_type": "pxe_ipmitool",
      "mac": [
        "bb:bb:bb:bb:bb:bb"
      ],
      "pm_user": "admin",
      "pm_password": "p455w0rd!",
      "pm_addr": "192.168.0.1",
      "pm_port": "6231",
      "name": "Node02"
    }
  ]
}

既存のノードの移行

既存のノードは、非推奨の pxe_ssh を使用する設定から新しい仮想 BMC の方法を使用するように移行することができます。以下のコマンドは、ノードが pxe_ipmitool ドライバーを使用するようにし、そのパラメーターを以下のように設定します。

openstack baremetal node set Node01 \
    --driver pxe_ipmitool \
    --driver-info ipmi_address=192.168.0.1 \
    --driver-info ipmi_port=6230 \
    --driver-info ipmi_username="admin" \
    --driver-info ipmi_password="p455w0rd!"

B.6. フェイク PXE ドライバー

このドライバーは、電源管理なしにベアメタルデバイスを使用する方法を提供します。これは、director が登録されたベアメタルデバイスを制御しないので、イントロスペクションとデプロイの特定の時点に手動で電源をコントロールする必要があることを意味します。

重要

このオプションは、テストおよび評価の目的でのみ利用いただけます。Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨していません。

pm_type

このオプションは fake_pxe に設定します。

  • このドライバーは、電源管理を制御しないので、認証情報は使用しません。
  • このドライバーを有効化するには、undercloud.conf ファイルの enabled_drivers オプションに fake_pxe を追加してから、openstack undercloud install コマンドを再実行します。
  • ノードのイントロスペクションを実行する際には、openstack overcloud node introspect コマンドを実行した後にノードの電源を手動でオフにします。
  • オーバークラウドのデプロイ実行時には、ironic node-list コマンドでノードのステータスを確認します。ノードのステータスが deploying から deploy wait-callback に変わるまで待ってから、手動でノードの電源をオンにします。
  • オーバークラウドのプロビジョニングプロセスが完了したら、ノードを再起動します。プロビジョニングが完了したかどうかをチェックするには、ironic node-list コマンドでノードのステータスをチェックし、active に変わるのを待ってから、すべてのオーバークラウドノードを手動で再起動します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。