第1章 ユーザー管理

1.1. ユーザー管理

クラウド管理者は、Dashboard でユーザーの追加、変更、削除ができます。ユーザーは、1 つまたは複数のプロジェクトに所属することができます。また、プロジェクトとユーザーは個別に管理することができます。

1.1.1. ユーザーの作成

Dashboard でユーザーを作成するには、以下の手順に従ってください。主要なプロジェクトとロールをユーザーに割り当てることができます。Dashboard で作成したユーザーは、デフォルトでは Keystone のユーザーとなっています。Active Directory ユーザーを統合するには、Red Hat OpenStack Platform の Identity サービスに含まれる LDAP プロバイダーを設定してください。

  1. Dashboard に管理ユーザーとしてログインして アイデンティティー > ユーザー を選択します。
  2. ユーザーの作成 をクリックします。
  3. ユーザーのユーザー名、メールアドレス、仮のパスワードを入力します。
  4. 主プロジェクト のリストからプロジェクトを選択します。
  5. ロール のリストからロールを選択します (デフォルトは _member_ です)。
  6. ユーザーの作成 をクリックします。

1.1.2. ユーザーの編集

以下の手順に従って、主プロジェクトなど、ユーザーの詳細を更新します。

  1. Dashboard に管理ユーザーとしてログインして アイデンティティー > ユーザー を選択します。
  2. ユーザーの アクション コラムで、編集 をクリックします。
  3. ユーザーの更新 ウィンドウで、ユーザー名メール主プロジェクト を更新できます。
  4. ユーザーの更新 をクリックします。

1.1.3. ユーザーの有効化/無効化

以下の手順に従って、ユーザーを有効化または無効化します。1 度に 1 ユーザーしか無効化または有効化できません。無効化されたユーザーは Dashboard にはログインできず、OpenStack サービスへのアクセスもできません。また、無効化されたユーザーの主プロジェクトもアクティブに設定できません。アクションを元に戻せないユーザーの削除とは異なり、無効化されたユーザーをもう 1 度有効化することができます。また、ユーザーが無効な場合には、Dashboard のユーザーとプロジェクトのアクションを実行するには、ユーザーを有効化する必要があります。

  1. Dashboard に管理ユーザーとしてログインして アイデンティティー > ユーザー を選択します。
  2. アクション コラムでドロップダウンリストをクリックし、ユーザーの有効化 または ユーザーの無効化 を選択すると、有効 コラムの値が True または False に更新されます。

1.1.4. ユーザーの削除

管理者ユーザーが Dashboard を使用してユーザーを削除するには、以下の手順を実行します。このアクションは、ユーザーの無効化とは異なり、元に戻すことはできません。ユーザーを無効にした場合には、所属するプロジェクトのメンバー一覧から削除されます。ユーザーとプロジェクトのペアに関連付けられたロールはすべて失われます。

  1. Dashboard に管理ユーザーとしてログインして アイデンティティー > ユーザー を選択します。
  2. 削除するユーザーを選択します。
  3. ユーザーの削除 をクリックします。ユーザーの削除の確認 ウィンドウが表示されます。
  4. ユーザーの削除 をクリックしてアクションを確認します。