Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

オーバークラウドのパラメーター

Red Hat OpenStack Platform 11

Red Hat OpenStack Platform オーバークラウドのコアテンプレートコレクションをカスタマイズするためのパラメーター

OpenStack Documentation Team

概要

本書は、Red Hat OpenStack Platform のオーバークラウドをカスタマイズするパラメーターについて記載します。本書は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』ガイドと併せてご利用ください。

第1章 オーバークラウドのコアパラメーター

パラメーター説明

AddVipsToEtcHosts

ネットワーク別の仮想 IP を各ノードの /etc/hosts に追加するには、True に設定します。デフォルト値は True です。

CloudDomain

ホストに使用する DNS ドメイン。これは、アンダークラウドで設定されている dhcp_domain と一致する必要があります。デフォルト値は localdomain です。

CloudName

そのクラウドの DNS 名。デフォルト値は、overcloud.localdomain です。

CloudNameCtlplane

そのクラウドのコントロールプレーンエンドポイントの DNS 名。デフォルト値は overcloud.ctlplane.localdomain です。

CloudNameInternal

そのクラウドの内部 API エンドポイントの DNS 名。デフォルト値は overcloud.internalapi.localdomain です。

CloudNameStorage

ci-overcloud.storage.tripleo.org など、そのクラウドのストレージエンドポイントの DNS 名。デフォルト値は overcloud.storage.localdomain です。

CloudNameStorageManagement

そのクラウドのストレージ管理エンドポイントの DNS 名。デフォルト値は overcloud.storagemgmt.localdomain です。

ControlFixedIPs

コントロールプレーンの固定仮想 IP を定義します。この値には [{ip_address:'1.2.3.4'}] の形式を使用します。

DeployIdentifier

これを一意の値に設定すると、Heat stack-update で設定を行うデプロイメントタスクが再度実行されます。

HypervisorNeutronPhysicalBridge

各ハイパーバイザー上に作成する Open vSwitch ブリッジ。このパラメーターはデフォルトでは、br-ex に設定されます。この値は、コントロールプレーンノードと同じです。この設定により、Open vSwitch エージェントの設定が統一されます。通常、この値は変更する必要はありません。デフォルト値は br-ex です。

HypervisorNeutronPublicInterface

HypervisorNeutronPhysicalBridge に追加するインターフェース。デフォルト値は nic1 です。

InternalApiVirtualFixedIPs

InternalApiVirtualInterface ポートの IP 割り当てを制御します。値には [{ip_address:'1.2.3.4'}] の形式を使用します。

NeutronControlPlaneID

コントロールプレーンネットワークの ID または名前。デフォルト値は ctlplane です。

NeutronPublicInterface

外部ブリッジに接続するためのインターフェース。デフォルト値は nic1 です。

PublicVirtualFixedIPs

PublicVirtualInterface ポートの IP 割り当てを制御します。値には [{ip_address:'1.2.3.4'}] の形式を使用します。

RabbitCookieSalt

RabbitMQ クッキーのソルト。無作為に生成される RabbitMQ クッキーを強制的に変更するには、この値を変更します。デフォルト値は unset です。

RedisVirtualFixedIPs

Redis で使用する仮想 IP の IP 割り当てを制御します。値には [{ip_address:'1.2.3.4'}] の形式を使用します。

ServerMetadata

オーバークラウドでノードを作成するために Nova に渡される追加のプロパティーまたはメタデータ。Nova メタデータ API 経由でアクセスできます。

StorageMgmtVirtualFixedIPs

StorageMgmgVirtualInterface ポートの IP 割り当てを制御します。値には [{ip_address:'1.2.3.4'}] の形式を使用します。

StorageVirtualFixedIPs

StorageVirtualInterface ポートの IP 割り当てを制御します。値には [{ip_address:'1.2.3.4'}] の形式を使用します。

UpdateIdentifier

stack-update の実行中に前回使用されなかった値を設定すると、全ノードでパッケージの更新がトリガーされます。

第2章 ロールベースのパラメーター

_ROLE_ はロール名に置き換えます。たとえば、_ROLE_Count には ControllerCount を使用します。

パラメーター説明

_ROLE_Count

1 つのロールにデプロイするノード数

_ROLE_HostnameFormat

ノードのホスト名の形式。%index% はノードのインデックス (例: 0/1/2) に、%stackname% はスタック名 (例: overcloud) に置き換えます。デフォルト値は %stackname%-_ROLE_-%index% です。

_ROLE_RemovalPolicies

特定のリソースの削除が必要な更新の実行時に、そのロールの ResourceGroup から削除されるリソースの一覧

_ROLE_SchedulerHints

オプションのスケジューラーのヒント (nova)

_ROLE_Services

ROLE のロール上にインストールする必要のある各サービスのネストされたスタックを表すサービスリソース の一覧 (Heat resource_registry で設定される)。

第3章 Ceph Storage パラメーター

パラメーター説明

CephAdminKey

Ceph 管理クライアントのキー。ceph-authtool --gen-print-key で作成することができます。

CephClientKey

Ceph クライアントのキー。現在は、外部の Ceph デプロイメントでの OpenStack ユーザーキーリング作成のみに使用されています。ceph-authtool --gen-print-key で作成することができます。

CephClusterFSID

Ceph クラスター FSID。UUID である必要があります。

CephIPv6

IPv6 アドレスにバインドする Ceph デーモンを有効化します。デフォルトは false です。

CephMonKey

Ceph 監視クライアントのキー。ceph-authtool --gen-print-key で作成することができます。

CephPools

事前定義されたプールの 1 つの設定を上書きするか、追加の設定を作成します。例: { "volumes": { "size": 5, "pg_num": 128, "pgp_num": 128 } }

CephValidationDelay

検証チェックの間隔 (秒単位)。デフォルト値は 30 です。

CephValidationRetries

Ceph の検証の再試行回数。デフォルト値は 40 です。

CinderBackupRbdPoolName

Block Storage (cinder) のバックアップが有効化されている場合に使用するプール。デフォルトは backups です。

CinderRbdPoolName

Block Storage (cinder) サービスに使用するプール。デフォルトは volumes です。

ControllerEnableCephStorage

コントローラーに Ceph Storage (OSD) をデプロイするかどうか。デフォルト値は False です。

GlanceBackend

使用する Glance バックエンドの省略名。rbd に設定して Ceph Storage を使用します。

GlanceRbdPoolName

Image Storage (glance) サービスに使用するプール。デフォルトは images です。

GnocchiRbdPoolName

Telemetry ストレージに使用するプール。デフォルトは metrics です。

IgnoreCephUpgradeWarnings

有効化すると、クラスターまたは PG ステータスがクリーンな状態でない場合でも、Ceph のアップグレードが強制的に実行されます。デフォルト値は False です。

ManilaCephFSDataPoolName

ファイル共有のストレージに使用するプール。デフォルトは manila_data です。

ManilaCephFSMetadataPoolName

ファイル共有のメタデータストレージに使用するプール。デフォルトは manila_metadata です。

NovaEnableRbdBackend

Compute (nova) の Ceph バックエンドを有効化するかどうか。デフォルト値は False です。

NovaRbdPoolName

Compute ストレージに使用するプール。デフォルトは vms です。

第4章 Ceph RadosGW パラメーター

パラメーター説明

CephRgwKey

radosgw クライアントの cephx キー。ceph-authtool --gen-print-key を使用して作成できます。

第5章 Block Storage (cinder) パラメーター

パラメーター説明

CinderCronDbPurgeAge

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Age) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は 0 です。

CinderCronDbPurgeDestination

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Log destination) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は /var/log/cinder/cinder-rowsflush.log です。

CinderCronDbPurgeHour

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Hour) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は 0 です。

CinderCronDbPurgeMinute

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Minute) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は 1 です。

CinderCronDbPurgeMonth

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Month) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は * です。

CinderCronDbPurgeMonthday

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Day) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は * です。

CinderCronDbPurgeUser

削除済みのインスタンスを別のテーブル (User) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は keystone です。

CinderCronDbPurgeWeekday

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Week Day) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は * です。

CinderEnableDBPurge

Cinder データベースでソフト削除された行をパージする cron ジョブを作成するかどうか。デフォルト値は True です。

CinderPassword

cinder-api で使用する、Cinder サービスアカウントのパスワード

CinderWorkers

Block Storage サービスのワーカー数を設定します。デフォルト値は、ノードにある CPU コア数と同じ数値です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

第6章 Image Storage (glance) パラメーター

パラメーター説明

GlanceBackend

使用するバックエンドの省略名。swiftrbdfile のいずれかにする必要があります。デフォルト値は swift です。

GlanceLogFile

Glance からのメッセージのログ記録に使用するファイルのファイルパス。

GlanceNfsEnabled

GlanceBackend: file を使用する場合は、イメージストレージ用に NFS 共有をマウントします。デフォルト値は False です。

GlanceNfsOptions

GlanceNfsEnabled が true の場合のイメージストレージの NFS マウントオプション。デフォルト値は intr,context=system_u:object_r:glance_var_lib_t:s0 です。

GlanceNfsShare

GlanceNfsEnabled が true の場合にイメージストレージ用にマウントする NFS 共有

GlanceNotifierStrategy

Glance 通知キューに使用するストラテジー。デフォルト値は noop です。

GlancePassword

Image Storage サービスおよびデータベースアカウントのパスワード

GlanceWorkers

Image Storage サービスのワーカー数を設定します。デフォルト値は、ノードにある CPU コア数と同じ数値です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

第7章 Orchestration (heat) パラメーター

パラメーター説明

HeatAuthEncryptionKey

heat-engine の認証暗号化キー

HeatConvergenceEngine

コンバージェンスアーキテクチャーの heat エンジンを有効化します。デフォルト値は True です。

HeatCronPurgeDeletedAge

削除済みとマークされており、かつ $age (Age) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は 30 です。

HeatCronPurgeDeletedAgeType

削除済みとマークされており、かつ $age (Age type) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は days です。

HeatCronPurgeDeletedDestination

削除済みとマークされており、かつ $age (Log destination) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は /dev/null です。

HeatCronPurgeDeletedEnsure

削除済みとマークされており、かつ $age (Ensure) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は present です。

HeatCronPurgeDeletedHour

削除済みとマークされており、かつ $age (Hour) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は 0 です。

HeatCronPurgeDeletedMaxDelay

削除済みとマークされており、かつ $age (Max Delay) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は 3600 です。

HeatCronPurgeDeletedMinute

削除済みとマークされており、かつ $age (Minute) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は 1 です。

HeatCronPurgeDeletedMonth

削除済みとマークされており、かつ $age (Month) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は * です。

HeatCronPurgeDeletedMonthday

削除済みとマークされており、かつ $age (Month Day) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は * です。

HeatCronPurgeDeletedUser

削除済みとマークされており、かつ $age (User) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は heat です。

HeatCronPurgeDeletedWeekday

削除済みとマークされており、かつ $age (Week Day) よりも古いデータベースのエントリーをパージする cron ジョブ。デフォルト値は * です。

HeatEnableDBPurge

Heat データベースでソフト削除された行をパージする cron ジョブを作成するかどうか。デフォルト値は True です。

HeatMaxResourcesPerStack

最上位のスタックごとに許容できる最大リソース。-1 は無制限です。デフォルト値は 1000 です。

HeatPassword

Orchestration サービスおよびデータベースアカウントのパスワード

HeatStackDomainAdminPassword

OpenStack Identity (keystone) の OpenStack Orchestration (heat) ドメインの管理者パスワード

HeatWorkers

Heat サービスのワーカー数。デフォルト値は 0 です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

第8章 Dashboard (horizon) パラメーター

パラメーター説明

HorizonAllowedHosts

Horizon が実行中のサーバーの IP/ホスト名の一覧。ヘッダーチェックに使用します。デフォルト値は * です。

HorizonPasswordValidator

パスワード検証のための正規表現

HorizonPasswordValidatorHelp

パスワード検証のためのヘルプテキスト

HorizonSecret

Web サーバーの秘密鍵

MemcachedIPv6

Memcached の IPv6 機能を有効化します。デフォルト値は False です。

第9章 Bare Metal (ironic) パラメーター

パラメーター説明

IronicCleaningDiskErase

初回のデプロイメントおよび再デプロイメントの前に行うディスク消去の種類。完全消去するには full を指定し、ディスクのメタデータのみを消去するには metadata を指定します (パーティションテーブル)。デフォルト値は full です。

IronicCleaningNetwork

ベアメタルノードの消去に使用するオーバークラウドネットワークの名前または UUID。デフォルト値の provisioning は、初期のデプロイメント中 (ネットワークがまだ作成されていない時点) はそのまま使用することができますが、デプロイ後のスタックの更新時に実際の UUID に変更する必要があります。

IronicEnabledDrivers

Ironic ドライバーを有効化します。デフォルト値は ['pxe_ipmitool', 'pxe_drac', 'pxe_ilo'] です。

IronicIPXEEnabled

デプロイメントに PXE の代わりに iPXE を使用するかどうか。デフォルト値は True です。

IronicIPXEPort

iPXE の使用時にイメージの提供に使用するポート。デフォルト値は 8088 です。

IronicPassword

Bare Metal サービスおよびデータベースアカウントのパスワード

第10章 Identity (keystone) パラメーター

パラメーター説明

AdminEmail

OpenStack Identity (keystone) の管理者アカウントのメール。デフォルト値は admin@example.com です。

AdminPassword

OpenStack Identity (keystone) の管理アカウントのパスワード

AdminToken

OpenStack Identity (keystone) のシークレットおよびデータベースのパスワード

KeystoneCredential0

最初の OpenStack Identity (keystone) の認証情報キー。有効なキーである必要があります。

KeystoneCredential1

2 番目の OpenStack Identity (keystone) の認証情報キー。有効なキーである必要があります。

KeystoneCronTokenFlushDestination

有効期限の切れたトークン (Log destination) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は /var/log/keystone/keystone-tokenflush.log です。

KeystoneCronTokenFlushEnsure

有効期限の切れたトークン (Ensure) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は present です。

KeystoneCronTokenFlushHour

有効期限の切れたトークン (Hour) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は 0 です。

KeystoneCronTokenFlushMaxDelay

有効期限の切れたトークン (Max Delay) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は 0 です。

KeystoneCronTokenFlushMinute

有効期限の切れたトークン (Minute) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は 0 です。

KeystoneCronTokenFlushMonth

有効期限の切れたトークン (Month) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は * です。

KeystoneCronTokenFlushMonthday

有効期限の切れたトークン (Month Day) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は * です。

KeystoneCronTokenFlushUser

有効期限の切れたトークン (User) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は keystone です。

KeystoneCronTokenFlushWeekday

有効期限の切れたトークン (Week Day) をパージする cron ジョブ。デフォルト値は * です。

KeystoneEnableDBPurge

Keystone データベースでソフト削除された行をパージする cron ジョブを作成するかどうか。デフォルト値は True です。

KeystoneFernetKey0

最初の OpenStack Identity (keystone) の fernet キー。有効なキーである必要があります。

KeystoneFernetKey1

2 番目の OpenStack Identity (keystone) の fernet キー。有効なキーである必要があります。

KeystoneLDAPBackendConfigs

keystone に設定した LDAP バックエンドの設定を含むハッシュ

KeystoneLDAPDomainEnable

ldap_backend の puppet keystone 定義を呼び出すトリガー。デフォルト値は False です。

KeystoneNotificationDriver

Keystone で使用される Oslo 通知ドライバーのコンマ区切りの一覧。デフォルト値は ['messaging'] です。

KeystoneNotificationFormat

OpenStack Identity (keystone) の通知形式。デフォルト値は basic です。

KeystoneSSLCertificate

トークンの有効性を検証するための Keystone 証明書

KeystoneSSLCertificateKey

トークンに署名するための Keystone キー

KeystoneTokenProvider

OpenStack Identity (keystone) のトークン形式。デフォルト値は uuid です。

KeystoneWorkers

OpenStack Identity (keystone) サービスのワーカー数を設定します。デフォルト値は、ノードにある CPU コア数と同じ数値です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

第11章 Shared File Service (manila) パラメーター

パラメーター説明

ManilaPassword

Shared File サービスアカウントのパスワード

第12章 Networking (neutron) パラメーター

パラメーター説明

EnableConfigPurge

director で生成されていない設定を削除します。アップグレード後に以前の設定が残らないようにするために使用します。デフォルト値は False です。

NeutronAgentExtensions

Neutron エージェント用に有効化されている拡張機能のコンマ区切りリスト。デフォルト値は qos です。

NeutronAllowL3AgentFailover

自動の l3-agent フェイルオーバーを許可します。デフォルト値は True です。

NeutronBridgeMappings

使用する論理/物理間のブリッジマッピング。デフォルト設定 (datacentre:br-ex) では、br-ex (ホスト上の外部ブリッジ) をプロバイダーネットワークが使用可能な物理名 datacentre にマッピングします (例: デフォルトのフローティングネットワーク)。これを変更する場合には、別のインストール後のネットワークスクリプトを使用するか、マッピングネットワーク名として datacentre を保持するようにしてください。

NeutronCorePlugin

ネットワークのコアプラグイン。この値は、neutron.core_plugins の名前空間から読み込まれるエントリーポイントである必要があります。デフォルト値は ml2 です。

NeutronDhcpAgentDnsmasqDnsServers

dnsmasq フォワーダーとして使用するサーバーの一覧

NeutronDhcpAgentsPerNetwork

ネットワークごとにスケジュールする DHCP エージェントの数。デフォルト値は 0 です。

NeutronEnableARPResponder

OVS Agent の ARP レスポンダー機能を有効化します。デフォルト値は False です。

NeutronEnableDVR

分散仮想ルーター (DVR: Distributed Virtual Router) を有効化します。デフォルト値は False です。

NeutronEnableForceMetadata

True の場合には、DHCP は常に仮想マシンにメタデータをルーティングします。デフォルト値は False です。

NeutronEnableIsolatedMetadata

True の場合には、DHCP は常に分離ネット上でメタデータのサポートを許可します。デフォルト値は False です。

NeutronEnableL2Pop

Neutron エージェントの L2 Population 機能を有効化/無効化します。デフォルト値は False です。

NeutronEnableMetadataNetwork

True の場合には、DHCP はメタデータネットワークを提供します。このパラメーターを True に指定するには、NeutronEnableIsolatedMetadata または NeutronEnableForceMetadata のいずれかのパラメーターが True である必要もあります。デフォルト値は False です。

NeutronExternalNetworkBridge

外部ネットワークトラフィックに使用するブリッジ数。通常 L2 エージェントは外部ブリッジに接続されるポートを処理するのでパラメーターは設定するべきではありません。

NeutronFlatNetworks

フラットネットワーク名がプラグインで設定されるように指定します。デフォルト値は datacentre です。

NeutronGlobalPhysnetMtu

下層の物理ネットワークの MTU。OpenStack Networking (neutron) はこの値を使用して、全仮想ネットワークのコンポーネントの MTU を算出します。フラットネットワークおよび VLAN ネットワークの場合は、OpenStack Netowrking はこの値を変更せずに使用します。VXLAN などのオーバーレイネットワークの場合は、OpenStack Networking は自動的にこの値からオーバーレイプロトコルのオーバーヘッドを除算します。デフォルト値は 1500 です。

NeutronL3AgentMode

L3 エージェントのエージェントモード。legacy または dvr_snat のいずれかを指定する必要があります。デフォルト値は legacy です。

NeutronMechanismDrivers

テナントネットワークのメカニズムドライバー。デフォルト値は openvswitch です。

NeutronMetadataProxySharedSecret

スプーフィングを防ぐための共有シークレット

NeutronNetworkType

テナントネットワークの種別。デフォルト値は vxlan です。

NeutronNetworkVLANRanges

サポートされる Neutron ML2 および Open vSwitch VLAN マッピングの範囲。デフォルトでは、物理ネットワーク「datacentre」上の VLAN を許可するように設定されています (NeutronBridgeMappings を参照)。デフォルト値は datacentre:1:1000 です。

NeutronOVSFirewallDriver

セキュリティーグループの実装に使用するファイアウォールドライバーのクラス名を設定します。指定可能な値は、システム構成により異なります (例: noopopenvswitchiptables_hybrid )。デフォルト値である空の文字列を指定すると、デフォルトでサポートされている構成となります。

NeutronPassword

OpenStack Networking (neutron) サービスとデータベースアカウントのパスワード

NeutronPluginExtensions

有効な拡張プラグインのコンマ区切りリスト。デフォルト値は qos,port_security です。

NeutronServicePlugins

サービスプラグインのエントリーポイントのコンマ区切りリスト。デフォルト値は router,qos,trunk です。

NeutronTunnelIdRanges

テナントネットワークの割り当てに使用できる GRE トンネリング ID の範囲を列挙した <tun_min>:<tun_max> タプルのコンマ区切りリスト。デフォルト値は ['1:4094'] です。

NeutronTunnelTypes

テナントネットワークのトンネル種別。デフォルト値は vxlan です。

NeutronTypeDrivers

読み込むネットワーク種別ドライバーのエントリーポイントのコンマ区切りリスト。デフォルト値は vxlan,vlan,flat,gre です。

NeutronVniRanges

テナントネットワークの割り当てに使用できる VXLAN VNI ID の範囲を列挙した <vni_min>:<vni_max> タプルのコンマ区切りリスト。デフォルト値は ['1:4094'] です。

NeutronWorkers

OpenStack Networking サービスの API および RPC ワーカー数を設定します。デフォルト値は、ノードにある CPU コア数と同じ数値です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

第13章 Compute (nova) パラメーター

パラメーター説明

EnableConfigPurge

director で生成されていない設定を削除します。アップグレード後に以前の設定が残らないようにするために使用します。デフォルト値は False です。

InstanceNameTemplate

インスタンス名の生成に使用するテンプレートの文字列。デフォルト値は instance-%08x です。

LibvirtEnabledPerfEvents

これは、モニターとして使用可能なパフォーマンスイベントリストです (例: cmt,mbml,mbmt)

MigrationSshKey

移行用の SSH 鍵。public_key および private_key の鍵を持つディクショナリーが必要です。値は SSH 公開/秘密鍵ファイルと全く同じである必要があります。

NeutronMetadataProxySharedSecret

スプーフィングを防ぐための共有シークレット

NovaComputeLibvirtType

Libvirt ドメインの種別。デフォルト値は kvm です。

NovaComputeLibvirtVifDriver

ネットワーク用の Libvirt VIF ドライバーの設定

NovaCronArchiveDeleteRowsDestination

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Log destination) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は /var/log/nova/nova-rowsflush.log です。

NovaCronArchiveDeleteRowsHour

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Hour) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は 0 です。

NovaCronArchiveDeleteRowsMaxRows

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Max Rows) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は 100 です。

NovaCronArchiveDeleteRowsMinute

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Minute) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は 1 です。

NovaCronArchiveDeleteRowsMonth

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Month) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は * です。

NovaCronArchiveDeleteRowsMonthday

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Day) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は * です。

NovaCronArchiveDeleteRowsUntilComplete

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Until complete) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は False です。

NovaCronArchiveDeleteRowsUser

削除済みのインスタンスを別のテーブル (User) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は nova です。

NovaCronArchiveDeleteRowsWeekday

削除済みのインスタンスを別のテーブル (Week Day) に移動する cron ジョブ。デフォルト値は * です。

NovaDbSyncTimeout

OpenStack Compute (nova) データベースの同期のタイムアウト (秒単位)。デフォルト値は 300 です。

NovaDefaultFloatingPool

Floating IP アドレスのデフォルトプール。デフォルト値は public です。

NovaEnableDBPurge

Nova データベースでソフト削除された行をパージする cron ジョブを作成するかどうか。デフォルト値は True です。

NovaIPv6

OpenStack Compute (nova) の IPv6 機能を有効化します。デフォルト値は False です。

NovaOVSBridge

Open vSwitch で使用する統合ブリッジ名。デフォルト値は br-int です。

NovaPCIPassthrough

PCI パススルーのホワイトリストパラメーターの YAML リスト

NovaPassword

OpenStack Compute (nova) サービスとデータベースアカウントのパスワード

NovaPlacementAPIInterface

Placement API に使用するエンドポイントインターフェース。デフォルト値は internal です。

NovaReservedHostMemory

ホストプロセス用に確保されたメモリー。デフォルト値は 2048 です。

NovaSchedulerAvailableFilters

OpenStack Compute (nova) がノードのフィルタリングに使用する利用可能なフィルターの一覧

NovaSchedulerDefaultFilters

ノードをフィルタリングするために OpenStack Compute (nova) が使用するフィルターアレイ。OpenStack Compute は、これらのフィルターをリスト順に適用します。フィルタリングのプロセスがより効率的になるように、最も制限の厳しいフィルターを最初に配置します。

NovaVcpuPinSet

仮想マシンプロセス用に確保する物理 CPU の一覧または範囲。たとえば、NovaVcpuPinSet: [4-12,^8] は、8 を除く 4-12 の範囲内の数のコアを確保します。

NovaWorkers

Compute の Conductor サービスのワーカー数。デフォルト値は 0 です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。

UpgradeLevelNovaCompute

OpenStack Compute アップグレードレベル。デフォルト値は auto です。

第14章 Clustering (sahara) パラメーター

パラメーター説明

SaharaPassword

クラスタリングサービスおよびデータベースアカウントのパスワード

SaharaPlugins

クラスタリングが有効なプラグイン一覧。デフォルト値は ['ambari', 'cdh', 'mapr', 'vanilla', 'spark', 'storm'] です。

SaharaWorkers

Clustering サービスのワーカー数を設定します。デフォルト値は 0 です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

第15章 Object Storage (swift) パラメーター

パラメーター説明

ControllerEnableSwiftStorage

コントローラーノードでオブジェクストレージを有効化するかどうか。デフォルト値は True です。

SwiftCeilometerPipelineEnabled

False に設定してオブジェクトストレージプロキシーの ceilometer パイプラインを無効にします。デフォルト値は True です。

SwiftHashSuffix

リング内でマッピングを決定するためのハッシングを行う際にソルトとして使用するランダム文字列

SwiftMinPartHours

リバランスの後にリング内のパーティションを移動できるようになるまでの最小時間 (時間単位)。デフォルト値は 1 です。

SwiftMountCheck

ルートデバイスに誤って書き込まれないようにデバイスがマウントされているかどうかを確認します。デフォルト値は False です。

SwiftPartPower

Object Storage リングの構築時の Partition Power。デフォルト値は 10 です。

SwiftPassword

Object Storage サービスアカウントのパスワード

SwiftProxyNodeTimeout

swift-proxy からアカウント、コンテナー、オブジェクトサービスへの要求のタイムアウト。デフォルト値は 60 です。

SwiftRawDisks

Object Storage バックエンドに使用する追加の RAW デバイス (例: {sdb: {}})

SwiftReplicas

Object Storage リングで使用するレプリカ数。デフォルト値は 10 です。

SwiftRingBuild

Object Storage リングを管理するかどうか。デフォルト値は True です。

SwiftUseLocalDir

リングの構築時に Object Storage サービスにローカルディレクトリーを使用します。デフォルト値は True です。

SwiftWorkers

Object Storage サービスのワーカー数。デフォルト値は 0 です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

第16章 Telemetry (ceilometer、gnocchi、aodh) パラメーター

パラメーター説明

AodhPassword

OpenStack Telemetry Alarming (aodh) サービスのパスワード

CeilometerApiEndpoint

レガシーの Telemetry API エンドポイントを作成するか、省略するか。レガシーの Telemetry API サービスを無効にするには False に設定します。デフォルト値は True です。

CeilometerBackend

Telemetry のバックエンドタイプ。デフォルト値は mongodb です。

CeilometerEventDispatcher

イベントデータを処理するディスパッチャーのコンマ区切りリスト。デフォルト値は ['panko', 'gnocchi'] です。

CeilometerMeterDispatcher

メタデータを処理するディスパッチャーのコンマ区切りリスト。デフォルト値は ['gnocchi'] です。

CeilometerMeteringSecret

Telemetry サービスによって共有されるシークレット

CeilometerPassword

Telemetry サービスアカウントのパスワード

CeilometerWorkers

Telemetry サービスのワーカー数。デフォルト値は 0 です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

GnocchiBackend

使用する OpenStack Telemetry Metrics (gnocchi) バックエンドの省略名。swiftrbdfile のいずれかにする必要があります。デフォルト値は swift です。

GnocchiIndexerBackend

使用する OpenStack Telemetry Metrics (gnocchi) インデクサーバックエンドの省略名。デフォルト値は mysql です。

GnocchiMetricdWorkers

Telemetry Metrics (gnocchi) のワーカー数。デフォルト値は、ノードにある CPU コア数と同じ数値です。ワーカー数が多いと、システムのプロセス数も増え、メモリーを過剰消費してしまう点に注意してください。CPU コア数が多いシステムでは、デフォルト以外の適切な値を選択することを推奨します。

GnocchiPassword

OpenStack Telemetry Metrics (gnocchi) サービスアカウントのパスワード

MongoDbIPv6

MongoDB VIP が IPv6 の場合は IPv6 を有効化します。デフォルト値は False です。

MongoDbNoJournal

MongoDb ジャーナリングを無効にするかどうか。デフォルト値は False です。

PankoPassword

Panko サービスのパスワード

第17章 時間パラメーター

パラメーター説明

NtpServer

NTP サーバーリスト。デフォルト値は ['pool.ntp.org'] です。

TimeZone

オーバークラウド上で設定するタイムゾーン。デフォルト値は UTC です。