第6章 WEB UI を使用した基本的なオーバークラウド要件の設定

本章では、Web UI を使用した OpenStack Platform 環境の基本的な設定手順を説明します。基本設定のオーバークラウドには、カスタムの機能が含まれていませんが、基本的なオーバークラウドに高度な設定オプションを追加して、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』ガイドの説明に従い、仕様に合わせてカスタマイズすることができます。

本章の例では、すべてのノードが電源管理に IPMI を使用したベアメタルシステムとなっています。電源管理の種別およびそのオプションに関する詳細は、「付録B 電源管理ドライバー」を参照してください。

ワークフロー

  1. ノードの定義テンプレートと手動の登録を使用して、空のノードを登録します。
  2. 全ノードのハードウェアを検査します。
  3. director にオーバークラウドプランをアップロードします。
  4. ノードをロールに割り当てます。

要件

  • 4章アンダークラウドのインストール」で作成した、UI が有効な director ノード
  • ノードに使用するベアメタルマシンのセット。必要なノード数は、作成予定のオーバークラウドのタイプにより異なります (オーバークラウドロールに関する情報は「ノードのデプロイメントロールのプランニング」を参照してください)。これらのマシンは、各ノード種別の要件セットに従う必要があります。これらの要件については、「オーバークラウドの要件」を参照してください。これらのノードにはオペレーティングシステムは必要ありません。director が Red Hat Enterprise Linux 7 のイメージを各ノードにコピーします。
  • ネイティブ VLAN として設定したプロビジョニングネットワーク用のネットワーク接続 1 つ。全ノードは、このネイティブに接続して、「ネットワーク要件」で設定した要件に準拠する必要があります。
  • その他のネットワーク種別はすべて、OpenStack サービスにプロビジョニングネットワークを使用しますが、ネットワークトラフィックの他のタイプに追加でネットワークを作成することができます。

6.1. Web UI へのアクセス

UI は、ブラウザーでスタンドアロンアプリケーションとして実行されますが、クライアントシステムは、アンダークラウドにある以下のコンポーネントのパブリック API エンドポイントにアクセスできる必要があります。

コンポーネントUI の目的

OpenStack Identity (keystone)

UI への認証と他のサービスのエンドポイント検出

OpenStack Orchestration (heat)

デプロイメントのステータス

OpenStack Bare Metal (ironic)

ノードの制御

OpenStack Object Storage (swift)

Heat テンプレートコレクションまたはオーバークラウドの作成に使用したプランのストレージ

OpenStack Workflow (mistral)

director タスクのアクセスおよび実行

OpenStack Messaging (zaqar)

特定のタスクのステータスを検索する Websocket ベースのサービス

UI は、これらのパブリック API と直接対話します。そのため、クライアントシステムには各エンドポイントへのアクセスが必要です。

重要

Mozilla Firefox を使用して director の Web UI にアクセスする場合には、これらの OpenStack Platform パブリック API に対して特定のサーバーアイデンティティーの例外が必要です。このような例外の実装に関する情報は「付録F UI アクセスの際の Firefox サーバーの例外」を参照してください。

director の Web UI には SSL 経由でアクセスします。たとえば、アンダークラウドの IP アドレスが 192.0.2.1 の場合には、UI にアクセスするためのアドレスは https://192.0.2.1 です。Web UI はまず、以下のフィールドが含まれるログイン画面を表示します。

  • Username: director の管理ユーザー。デフォルトは admin です。
  • Password: 管理ユーザーのパスワード。アンダークラウドホストのターミナルで stack ユーザーとして sudo hiera admin_password を実行してパスワードを確認してください。

UI へのログイン時に、UI は OpenStack Identity のパブリック API にアクセスして、他のパブリック API サービスのエンドポイントを取得します。ただし、エンドポイントを変更したり、エンドポイントアクセスに別の IP を使用したりする予定の場合には、director UI は /var/www/openstack-tripleo-ui/dist/tripleo_ui_config.js ファイルから設定を読み取ります。このファイルは以下のパラメーターを使用します。

パラメーター説明

keystone

OpenStack Identity (keystone) サービスのパブリック API。UI は自動的にこのサービスを使用して、他のサービスのエンドポイントを自動検出するので、このパラメーターだけを定義するだけで結構です。ただし、必要に応じて、他のエンドポイントのカスタム URL を定義することができます。

heat

OpenStack Orchestration (heat) サービスのパブリック API。URL の形式は https://<IP>:13004//v1/<tenant_id> に指定してください。tenant_id はアンダークラウドの admin に置き換えます。

ironic

OpenStack Bare Metal (ironic) サービスのパブリック API

swift

OpenStack Object Storage (swift) サービスのパブリック API。URL の形式は https://<IP>:8080/v1/AUTH_<tenant_id> に指定してください。tenant_id はアンダークラウドの admin に置き換えます。

mistral

OpenStack Workflow (mistral) サービスのパブリック API

zaqar-websocket

OpenStack Messaging (zaqar) サービスの Websocket

zaqar_default_queue

OpenStack Messaging (zaqar) サービスに使用するメッセージングキュー。デフォルトは tripleo です。

以下は tripleo_ui_config.js ファイルのサンプルです。

window.tripleOUiConfig = {
  "keystone": "https://192.0.2.2:13000/v2.0",
  "heat": "https://192.0.2.2:13004/v1/f30d815864be456dbc2a00f4e9200e9e",
  "ironic": "https://192.0.2.2:13385",
  "mistral": "https://192.0.2.2:13989/v2",
  "swift": "https://192.0.2.2:13808/v1/AUTH_f30d815864be456dbc2a00f4e9200e9e",
  "zaqar-websocket": "wss://192.0.2.2:9000",
  "zaqar_default_queue": "tripleo"
};

6.2. Web UI のナビゲーション

UI は主に 3 つのセクションで構成されています。

デプロイメントプラン

UI 上部のメニューアイテム。このページは UI のメインセクションとして機能し、オーバークラウドの作成に使用するプラン、各ロールに割り当てるノード、現在のオーバークラウドのステータスを定義できます。このセクションでは、デプロイメントワークフローが提供され、デプロイメントのパラメーターの設定やロールへのノードの割り当てなどオーバークラウドの作成プロセスをステップごとにガイドします。

director UI のデプロイメントプランのセクション

ノード

UI 上部のメニューアイテム。このページはノードの設定セクションとして機能し、新規ノードの登録や登録したノードのイントロスペクションの手段を提供します。このセクションでは、デプロイメントに利用可能なノード、現在デプロイ中のノード、メンテナンス中のノードも定義します。

director UI のノードのセクション

検証

ページの右側のサイドパネル。このセクションでは、オーバークラウドの作成プロセスが正常に実行されるようにデプロイメント前と後のシステムチェックを行います。これらの検証タスクは、デプロイメントの特定の時点で自動的に実行されますが、手動で実行することもできます。実行する検証タスクの 再生 ボタンをクリックします。各検証タスクのタイトルをクリックして実行するか、検証タイトルをクリックして詳細情報を表示します。

検証

6.3. WEB UI を使用したオーバークラウドプランのインポート

director UI には、オーバークラウドの設定の前にプランが必要です。このプランは通常、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates にあるアンダークラウド上のテンプレートなど、Heat テンプレートコレクションです。さらに、ハードウェアや環境の要件に合わせてプランをカスタマイズすることができます。オーバークラウドのカスタマイズに関する詳しい情報は『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』ガイドを参照してください。

プランには、オーバークラウドの設定に関する主要な手順が表示されます。

  1. Prepare Hardware: ノードの登録およびイントロスペクション
  2. Specify Deployment Configuration: オーバークラウドのパラメーターの設定と追加する環境ファイルの定義
  3. Configure Roles and Assign Nodes: ロールへのノード割り当てと、ロール固有のパラメーターの変更
  4. Deploy: オーバークラウド作成の開始

アンダークラウドのインストールと設定を実行すると、プランが自動的にアップロードされます。Web UI に複数のプランをインポートすることも可能です。Deployment Plan 画面の Manage Deployments をクリックすると、現在の Plans のテーブルが表示されます。

Create New Plan をクリックすると、以下の情報を尋ねるウィンドウが表示されます。

  • Plan Name: overcloud など、プランのプレーンテキスト名
  • Upload Type: Tar アーカイブ (tar.gz)、全 ローカルフォルダー (Google Chrome のみ) のいずれをアップロードするかを選択します。
  • Plan Files: ブラウザーをクリックして、ローカルのファイルシステム上のプランを選択します。

director の Heat テンプレートコレクションをクライアントのマシンにコピーする必要がある場合には、ファイルをアーカイブしてコピーします。

$ cd /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/
$ tar -cf ~/overcloud.tar *
$ scp ~/overcloud.tar user@10.0.0.55:~/.

director UI がプランをアップロードしたら、プランが Plans の表に表示され、設定を行うことができます。Deployment Plan をクリックしてください。

デプロイメントプランの表

6.4. WEB UI を使用したノードの登録

オーバークラウド設定の最初の手順は、ノードの登録です。以下のいずれかで、ノードの登録プロセスを開始します。

  • Deployment Plan 画面の 1 Prepare Hardware にある Register Nodes をクリックします。
  • Nodes 画面の Register Nodes をクリックします。

Register Nodes ウィンドウが表示されます。

ノード登録のウィンドウ

director には、登録するノードの一覧が必要です。以下のいずれかの方法でリストを取得できます。

  1. ノード定義テンプレートのアップロード: これには、ファイルからアップロード ボタンをクリックして、ファイルを選択してください。ノードの定義テンプレートの構文については、「オーバークラウドへのノードの登録」を参照してください。
  2. 各ノードの手動登録: これには、新規追加 をクリックして、ノードの詳細を提供します。

手動登録に必要な情報は以下のとおりです。

名前
ノードのプレーンテキスト名。RFC3986 の非予約文字のみを使用するようにしてください。
ドライバー
使用する電源管理ドライバー。この例では IPMI ドライバーを使用します (pxe_ipmitool)。
IPMI IP アドレス
IPMI デバイスの IP アドレス
IPMI のユーザー名およびパスワード
IPMI のユーザー名およびパスワード
アーキテクチャー
(オプション) システムアーキテクチャー
CPU 数
(オプション) ノード上の CPU 数
メモリー (MB)
(オプション) メモリーサイズ (MB)
ディスク (GB)
(オプション) ハードディスクのサイズ (GB)
NIC の MAC アドレス
ノード上のネットワークインターフェースの MAC アドレス一覧。各システムのプロビジョニング NIC の MAC アドレスのみを使用します。
注記

UI では、pxe_ssh ドライバーを使用して KVM ホストからノードを登録できます。このオプションは、テストおよび評価の目的でのみ使用できる点に注意してください。Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨されません。詳しい情報は「SSH と virsh」を参照してください。

ノードの情報を入力した後に、ウィンドウの下の Register Nodes をクリックします。

director によりノードが登録されます。登録が完了すると、UI を使用してノードのイントロスペクションを実行できるようになります。

6.5. Web UI を使用したノードのハードウェアのイントロスペクション

director UI は各ノードでイントロスペクションプロセスを実行することができます。このプロセスを実行すると、各ノードが PXE を介してイントロスペクションエージェントを起動します。このエージェントは、ノードからハードウェアのデータを収集して、director に送り返します。次に director は、director 上で実行中の OpenStack Object Storage (swift) サービスにこのイントロスペクションデータを保管します。director は、プロファイルのタグ付け、ベンチマーキング、ルートディスクの手動割り当てなど、さまざまな目的でハードウェア情報を使用します。

注記

ポリシーファイルを作成して、イントロスペクションの直後にノードをプロファイルに自動でタグ付けすることも可能です。ポリシーファイルを作成してイントロスペクションプロセスに組み入れる方法に関する詳しい情報は、「付録E プロファイルの自動タグ付け」を参照してください。または、UI を使用してプロファイルにノードをタグ付けすることもできます。手動でのノードのタグ付けに関する情報は、「Web UI を使用したロールへのノードのタグ付け」を参照してください。

イントロスペクションのプロセスを開始するには以下のステップを実行します。

  1. Nodes 画面に移動します。
  2. イントロスペクションを行うノードをすべて選択します。
  3. Introspect Nodes をクリックします。
重要

このプロセスが最後まで実行されて正常に終了したことを確認してください。ベアメタルの場合には、通常 15 分ほどかかります。

イントロスペクションのプロセスを完了したら、Provision Statemanageable に設定されているノードをすべて選択して、Provide Nodes ボタンをクリックします。Provision Stateavailable になるまで待ちます。

ノードのプロビジョニングの準備ができました。

6.6. WEB UI を使用したオーバークラウドプランのパラメーターの編集

Deployment Plan 画面は、アップロードしたプランをカスタマイズする手段を提供します。2 Specify Deployment Configuration で、Edit Configuration リンクをクリックして、ベースのオーバークラウドの設定を変更します。

ウィンドウには、2 つの主要なタブが表示されます。

Overall Settings

このタブでは、オーバークラウドからの異なる機能を追加する方法を提供します。これらの機能は、プランの capabilities-map.yaml ファイルに定義されており、機能毎に異なるファイルを使用します。たとえば、StorageStorage Environment を選択すると、プランは environments/storage-environment.yaml ファイルにマッピングされ、オーバークラウドの NFS、iSCSI、Ceph の設定を行うことができます。Other タブには、プランで検出されているが、プランに含まれるカスタムの環境ファイルを追加するのに役立つ capabilities-map.yaml には記載されていない環境ファイルが一覧表示されます。追加する機能を選択したら、変更の保存 をクリックしてください。

デプロイメント構成の全般設定

Parameters

こちらのタブには、オーバークラウドにあるさまざまなベースレベルの環境ファイルパラメーターが含まれます。たとえば、このセクションで各ロールのノード数を変更できます。コントローラーノード 3 つを使用する場合には、ControllerCount を 3 に変更します。ベースレベルのパラメーターを変更した場合には 変更の保存 をクリックしてください。

デプロイメント設定のパラメーター

6.7. Web UI を使用したロールへのノードのタグ付け

各ノードのハードウェアを登録、検査した後には、特定のプロファイルにノードをタグ付けします。これらのプロファイルタグによりノードと特定のフレーバーおよびデプロイメントロールが照合されます。

ロールにノードを割り当てるには、Deployment Plan の画面で 3 Configure Roles and Assign Nodes セクションまでスクロールします。選択したロールに対して Assign Nodes をクリックすると、ウィンドウが開き、そのロールに割り当てるノードを選択できます。ロールに割り当てるノードを選択したら、Assign/Unassign Selected Nodes をクリックしてください。

ロールへのノードの割り当て

これらのノードにロールを割り当てたら、Done をクリックして Deployment Plan 画面に戻ります。

オーバークラウドに含めるロールごとに、このタスクを完了するようにしてください。

6.8. WEB UI を使用したノードの編集

各ノードのロールにより、ロール固有のパラメーターを設定する手段が提供されます。Deployment Plan の画面で 3 Configure Roles and Assign Nodes セクションまでスクロールします。ロール名の横にある Edit Role Parameters アイコン (鉛筆のアイコン) をクリックします。

ロールのパラメーターアイコンの編集

ウィンドウには、2 つの主要なタブが表示されます。

Parameters

これには、さまざまなロール固有のパラメーターが含まれます。たとえば、コントローラーロールを編集する場合には、OvercloudControlFlavor パラメーターを使用して、そのロールのデフォルトのフレーバーを変更することができます。ロール固有のパラメーターを変更したら、Save Changes をクリックします。

ロール設定のパラメーター

Services

これにより、選択したロールのサービス固有のパラメーターが定義されます。左のパネルでは、選択して変更したサービス一覧が表示されます。たとえば、タイムゾーンを変更するには、OS::TripleO:Services:Timezone サービスをクリックして TimeZone パラメーターを希望のタイムゾーンに変更します。サービス固有のパラメーターを変更したら、Save Changes をクリックしてください。

ロール設定のサービス固有のパラメーター

ネットワーク設定

ネットワーク設定では、オーバークラウドのさまざまなネットワークに対して IP アドレスまたはサブネットの範囲を定義できます。

ロールのネットワーク設定

重要

ロールのサービスパラメーターは UI に表示されますが、デフォルトではサービスは無効になっている場合があります。「WEB UI を使用したオーバークラウドプランのパラメーターの編集」 の手順に従って、これらのサービスを有効化することができます。これらのサービスの有効化に関する情報は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』ガイドの「コンポーザブルロール」のセクションも参照してください。

6.9. WEB UI を使用したオーバークラウドの作成開始

オーバークラウドプランが設定されたら、オーバークラウドのデプロイメントを開始することができます。これには、4 Deploy セクションまでスクロールして、Validate and Deploy をクリックしてください。

Validate and Deploy ボタン

アンダークラウドの検証をすべて実行しなかった場合や、すべての検証に合格しなかった場合には、警告メッセージが表示されます。アンダークラウドのホストが要件を満たしていることを確認してから、デプロイメントを実行してください。

検証の警告

デプロイメントの準備ができたら Deploy をクリックしてください。

UI では、定期的に オーバークラウド作成の進捗がモニタリングされ、現在の進捗の割合を示すプログレスバーが表示されます。View detailed information リンクでは、オーバークラウドにおける現在の OpenStack Orchestration スタックのログが表示されます。

詳細にわたる進捗情報

オーバークラウドのデプロイメントが完了するまで待ちます。

オーバークラウドの作成プロセスが完了したら、4 Deploy セクションに、現在のオーバークラウドの状況と以下の詳細が表示されます。

  • IP address: オーバークラウドにアクセスするための IP アドレス
  • Password: オーバークラウドの admin ユーザーのパスワード

この情報を使用してオーバークラウドにアクセスします。

オーバークラウドのデプロイメント完了

6.10. オーバークラウド作成の完了

これで director の UI を使用したオーバークラウドの作成が完了しました。作成後の機能については、「7章オーバークラウド作成後のタスクの実行」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。