付録D 代替ブートモード

ノードのデフォルトブートモードは、iPXE を使用した BIOS です。以下の項では、ノードのプロビジョニングおよび検査の際に director が使用する代替ブートモードについて説明します。

D.1. 標準の PXE

iPXE ブートプロセスは、HTTP を使用してイントロスペクションおよびデプロイメントのイメージをブートします。旧システムは、TFTP を介してブートする標準の PXE ブートのみをサポートしている場合があります。

iPXE から PXE に変更するには、director ホスト上の undercloud.conf ファイルを編集して、ipxe_enabledFalse に設定します。

ipxe_enabled = False

このファイルを保存して、アンダークラウドのインストールを実行します。

$ openstack undercloud install

このプロセスに関する詳しい情報は、「Changing from iPXE to PXE in Red Hat OpenStack Platform director」の記事を参照してください。

D.2. UEFI ブートモード

デフォルトのブートモードは、レガシー BIOS モードです。新しいシステムでは、レガシー BIOS モードの代わりに UEFI ブートモードが必要な可能性があります。その場合には、undercloud.conf ファイルで以下のように設定します。

ipxe_enabled = True
inspection_enable_uefi = True

このファイルを保存して、アンダークラウドのインストールを実行します。

$ openstack undercloud install

登録済みの各ノードのブートモードを uefi に設定します。たとえば、capabilities プロパティーに boot_mode パラメーターを追加する場合や既存のパラメーターを置き換える場合には、以下のコマンドを実行します。

$ NODE=<NODE NAME OR ID> ; openstack baremetal node set --property capabilities="boot_mode:uefi,$(openstack baremetal node show $NODE -f json -c properties | jq -r .properties.capabilities | sed "s/boot_mode:[^,]*,//g")" $NODE
注記

このコマンドで profile および boot_option のケイパビリティーが保持されていることを確認してください

また、各フレーバーのブートモードを uefi に設定します。以下に例を示します。

$ openstack flavor set --property capabilities:boot_mode='uefi' control

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。