付録E プロファイルの自動タグ付け

イントロスペクションプロセスでは、一連のベンチマークテストを実行します。director は、これらのテストからデータを保存します。このデータをさまざまな方法で使用するポリシーセットを作成することができます。以下に例を示します。

  • ポリシーにより、パフォーマンスの低いノードまたは不安定なノードを特定して、オーバークラウドで使用されないように隔離することができます。
  • ポリシーにより、ノードを自動的に特定のプロファイルにタグ付けするかどうかを定義することができます。

E.1. ポリシーファイルの構文

ポリシーファイルは JSON 形式で、ルールセットが記載されます。各ルールでは、説明条件、および アクション が定義されます。

description

これは、プレーンテキストで記述されたルールの説明です。

以下に例を示します。

"description": "A new rule for my node tagging policy"

conditions

ここでは、以下のキー/値のパターンを使用して評価を定義します。

field
評価するフィールドを定義します。フィールドの種別については、「プロファイルの自動タグ付けのプロパティー」を参照してください。
op

評価に使用する演算を定義します。これには、以下の属性が含まれます。

  • eq: 等しい
  • ne: 等しくない
  • lt: より小さい
  • gt: より大きい
  • le: より小さいか等しい
  • ge: より大きいか等しい
  • in-net: IP アドレスが指定のネットワーク内にあることを確認します。
  • matches: 指定の正規表現と完全に一致する必要があります。
  • contains: 値には、指定の正規表現が含まれる必要があります。
  • is-empty: フィールドが空欄であることをチェックします。
invert
評価の結果をインバージョン (反転) するかどうかを定義するブール値
multiple

複数の結果が存在する場合に、使用する評価を定義します。これには、以下の属性が含まれます。

  • any: いずれかの結果が一致する必要があります。
  • all: すべての結果が一致する必要があります。
  • first: 最初の結果が一致する必要があります。
value
評価する値を定義します。フィールド、演算、および値の条件が満たされる場合には、true の結果を返します。そうでない場合には、条件は false の結果を返します。

以下に例を示します。

"conditions": [
  {
    "field": "local_gb",
    "op": "ge",
    "value": 1024
  }
],

actions

条件が true を返す場合にアクションが実行されます。ここでは、action キーと、action の値に応じた追加のキーが使用されます。

  • fail: イントロスペクションが失敗します。失敗のメッセージには、message パラメーターが必要です。
  • set-attribute: Ironic ノードの属性を設定します。Ironic の属性へのパス (例: /driver_info/ipmi_address) を指定する path フィールドおよび設定する value が必要です。
  • set-capability: Ironic ノードのケイパビリティーを設定します。新しいケイパビリティーの名前と値を指定する name および value フィールドが必要です。同じケイパビリティーの既存の値は置き換えられます。たとえば、これを使用してノードのプロファイルを定義します。
  • extend-attribute: set-attribute と同じですが、既存の値を一覧として扱い、その一覧に値を追記します。オプションの unique パラメーターを True に設定すると、対象の値がすでに一覧に含まれている場合には何も追加しません。

以下に例を示します。

"actions": [
  {
    "action": "set-capability",
    "name": "profile",
    "value": "swift-storage"
  }
]

E.2. ポリシーファイルの例

適用するイントロスペクションルールを記載した JSON ファイル (rules.json) の例を以下に示します。

[
  {
    "description": "Fail introspection for unexpected nodes",
    "conditions": [
      {
        "op": "lt",
        "field": "memory_mb",
        "value": 4096
      }
    ],
    "actions": [
      {
        "action": "fail",
        "message": "Memory too low, expected at least 4 GiB"
      }
    ]
  },
  {
    "description": "Assign profile for object storage",
    "conditions": [
      {
        "op": "ge",
        "field": "local_gb",
        "value": 1024
      }
    ],
    "actions": [
      {
        "action": "set-capability",
        "name": "profile",
        "value": "swift-storage"
      }
    ]
  },
  {
    "description": "Assign possible profiles for compute and controller",
    "conditions": [
      {
        "op": "lt",
        "field": "local_gb",
        "value": 1024
      },
      {
        "op": "ge",
        "field": "local_gb",
        "value": 40
      }
    ],
    "actions": [
      {
        "action": "set-capability",
        "name": "compute_profile",
        "value": "1"
      },
      {
        "action": "set-capability",
        "name": "control_profile",
        "value": "1"
      },
      {
        "action": "set-capability",
        "name": "profile",
        "value": null
      }
    ]
  }
]

上記の例は、3 つのルールで構成されています。

  • メモリーが 4096 MiB 未満の場合には、イントロスペクションに失敗する。このようなルールを適用して、クラウドに含まれるべきではないノードを除外することができます。
  • ハードドライブのサイズが 1 TiB 以上のノードの場合、swift-storage プロファイルが無条件で割り当てられる。
  • ハードドライブが 1 TiB 未満だが 40 GiB を超えているノードは、コンピュートノードまたはコントローラーノードのいずれかに割り当てることができる。openstack overcloud profiles match コマンドを使用して後で最終選択できるように、2 つのケイパビリティー (compute_profilecontrol_profile) を割り当てています。この設定が機能するように、既存のプロファイルのケイパビリティーは削除しています。削除しなかった場合には、そのケイパビリティーが優先されてしまいます。

他のノードは変更されません。

注記

イントロスペクションルールを使用して profile 機能を割り当てる場合は常に、既存の値よりこの割り当てた値が優先されます。ただし、既存のプロファイル機能があるノードについては、[PROFILE]_profile 機能は無視されます。

E.3. ポリシーファイルのインポート

以下のコマンドで、ポリシーファイルを director にインポートします。

$ openstack baremetal introspection rule import rules.json

次にイントロスペクションプロセスを実行します。

$ openstack baremetal introspection bulk start

イントロスペクションが完了したら、ノードとノードに割り当てられたプロファイルを確認します。

$ openstack overcloud profiles list

イントロスペクションルールで間違いがあった場合には、すべてを削除できます。

$ openstack baremetal introspection rule purge

E.4. プロファイルの自動タグ付けのプロパティー

プロファイルの自動タグ付けは、各条件の field の属性に対する以下のノードプロパティーを評価します。

属性説明

memory_mb

ノードのメモリーサイズ (MB)

cpus

ノードの CPU の合計コア数

cpu_arch

ノードの CPU のアーキテクチャー

local_gb

ノードのルートディスクのストレージの合計容量。ノードのルートディスクの設定についての詳しい説明は、「ノードのルートディスクの定義」を参照してください。